スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] | スポンサー広告
レッスン4
今回はCマイナーの途中からが宿題。

しかし前回は出来ないところもかっとばしてレッスンが進むので
復習も含めて練習していたら、あまり宿題が進まなかった。

私  :「どこまでが宿題ですか?」
先生:「好きなだけ。本の最後までやってきてもいいよ。」
私  :「・・・・・・。」

楽譜にまだ慣れていない私は
楽譜をみながら吹いていると吹く練習にならない。
ひとつの音符を読むのに5秒位かかります(汗)

そんな状態でレッスンに突入。





まずは2週間溜め込んでいた質問を。

私 :「今のリードは3枚目なのですけど、あまり云うこときいてくれない
   リードもあって・・。どうしたらいいですか?」
先生:「リードは育てるんだよ。毎日30分間吹いて、やっと1ケ月位で
    いいリードに成長するんだ。」


そして、茶色に変色した使い込まれたリードを見せてくれた。
先生はリードをセッティング済みのマウスピースを何本も
用意しているとのこと。

あちゃー。私1ケ月もたたずにリード捨ててましたよ。



私  :「30分位吹くと音につばの音が混じるんです。
    ネックを拭いても改善されないんですが、
    マウスピースも洗った方がいいですか?」
先生:「マウスピースに一度リードをセッティングしたら、ずっとそのまま。
    洗いたくなる気持ちはわかるけどね。
    つばの音はアンブシュアが未だ安定してないからだろうね。」


そうなんですかぁぁ!!?
いやいや洗いたいですよ。だから茶色くなるのね・・・。


先生:「だから、練習のときは、ちゃんと歯磨きして
    口の中をキレイにしてからね。」


おおざっぱにしか磨いてなかったけど
明日からは、キレイに磨きますっ。


私 :「吹くときに楽器の一部を身体の一部(足の付け根辺り)にのせても
    問題ありませんか?楽なんです。」
先生:「構わないよ。」




私 :「e-SAXを使うと息が出るところがなくて苦しいんです。
    先生も同じですか?」
先生:「じきに慣れるよ。構わずに吹くこと。」



私 :「下唇が最近痛いんですが
    アンブシュアで悪いところがあるのでしょうか?」
先生:「下唇だけなく、上も手もあちこちが
    最初は痛くなるよ。」



セッティングもチェックしてもらった。
今回はオッケーをいただいた。


レッスンは、CマイナーからFメジャー、Fマイナー
なんとGメジャーまでいってしまった。

もちろんFマイナー、Gメジャーは練習していってないのでぶっつけ。
音は、ひとつの音に他の音が混ざってしまってきたないし、
さらにそれにつばの音までまざっていくし・・・。



それでもなぜか注意は
「楽譜の♪をちゃんと読んでから吹く」

ことだけしかなかった。
(私は勘で吹いている・・・苦笑)


そして、こんな状態なのになぜか
2冊目の本を買うように指示が・・・・。


先生、私には無理です。
ゆっくり素敵に吹きたいです。

私 :「本当にこんなんで大丈夫ですかぁ???」


と泣きついたが、
先生:「簡単だから、大ジョブ。」


本日のレッスン終了ですっ。


514145ZQCRL__SS500__convert_20090321163703.jpg



25 Daily Exercises for Saxophone
こちらが新しいテキストです。

他の方のブログで知りましたが
Charlie Parker がこの中の23番を
しばしばアドリブ・フレーズの中に引用したらしいです。





[2009/03/10] |    サックス | コメント(0)
楽典レッスン2
2回目の楽典レッスン。

何を習ってもほぼ初めての状態ですっ。

サックスの練習用の楽譜で理解できないところを
まず質問。

おかげで3連符の謎がとけました。
どうりで1小節の中の♪の長さが合わないはずだ・・・。

3連符を8分音符が3つ並んでいると勘違いしておりました。


そして、リズムについて。

リズムっていつごろ習うんでしょう。

ダンスをしていた私にはリズムって
最大関心事。



そうしたら・・、どうやらそんな項目で学習する予定はなく

リズムとは・・・音の長さの組み合わせ 

のことらしい!!!!!!

びっくりです。

てことは、音の長さは習ったのだから・・・
一応習ったってことなのかな。

先生に拙い言葉で質問しながら

私が知りたいのは

強拍と弱拍のことかも?


とここでレッスン終了。

少し謎が解明されたかも。
[2009/02/28] |    サックス | コメント(0)
レッスン3
今日は、レッスン日。

朝からの雨で、重たいサックスケースを
がんがんいろんなところにぶつけながらの出勤です。

ケースのサイズが感覚で測れていないようで、
階段をあがるときは気をつけないとケースが傷だらけになりそう><

仕事が終わり、スタジオ近くのフレッシュネスバーガーで
夕食をすませ、少し早めに向かうことに。
運指だけでも復習しておこうと思っていたのに、スタジオの廊下で
リードをセッティングするのに手間取り、全く練習できずにレッスンが始まりました。


r.jpg

まずはリードのセッティングを先生にチェックしてもらい
微妙な違いを修正してもらう。
感覚で覚えなさいといわれるものの参考の為パチリ。

rg.jpg


リガチャーの閉め具合が緩いのか
ネックにマウスピースを接続する際にセッティング済みの
リードがずれてしまうので、確認すると
リガチャーのネジ部分に油を注して下さり、ずれない位絞めても良いとのこと。

こちらもパチリ。


セッティングミスで練習にロスが出るのは勿体無いので
早くきちんと身体で覚えてできるようになりたいなぁ。



宿題のCメジャースケールは2つしかまともに練習していなかったのに
どんどん進む進む。

そういえば、息継ぎってどうやるんですかと尋ねると
今は苦しくなる手前に息吸っていいよとのことなので
気が楽になったものの、メロディとしてはヒドイものに(汗)


Cメジャーのラストの楽譜は、一音も出せない高音が含まれており
その場で、覚えてきれてない運指を習う。

高音のDEFは下唇の位置はそのままで、音が出るところまで
上唇をがっぷり被せる
ように指導をうけると本当に音が出た!




ぼろぼろ状態のまま、Cマイナーに突入。
CマイナーはEが♭になるんだと事前に見ていたものの
最初に出てきた♭の記号がその小節内は有効だと知らず
E♭で吹くところを普通のEで吹いてしまう。

そうなのね~~。楽譜も省エネなのね(笑)。

Cマイナーの途中で先生からストップがかかり終了。



特に注意を受けないまま、レッスンが早めに終わったので???
だったので、アンブシュアとか大丈夫なんでしょうか?
と尋ねたところ、
「ダイジョブダイジョブ、ちゃんと育ってるから」とのお言葉。

拍子抜けして帰路につくが、吹き方に全くといっていい程
注意をうけなかったのは、喜んでいいことなのかしら???


スタジオでは、e-SAXを通さず、音が響くので
練習時と全く違う感覚と音に感じました。
裏返ったかどうか音の判断が出来なかったのは
そのせいなのか緊張のせいなのか???

コメント時に頂いたお言葉にもあったけど
やはり一度、e-SAXを使わず、生音で練習してみる必要がありそう。


それにしてもレッスンのときはテンパッてしまい
自分がどういう音だったかとかアンブシュアだったとかが
全く意識できなかったのが残念でした。

でも逆に無意識のいつもの私の練習の結果が出ているのだと
いう見方もできると思うので、今持っている感覚のいい部分が
持続すればいいなぁと思います。


だらだらと長くなりましたが、今日のレッスン回想終わりまーす。


[2009/02/20] |    サックス | コメント(0)
新しいリード
今日、練習しようとしたら、リードの先がふやけて波打っていたの
新しいリードをおろしてみました。

サックスを始めてから、一度もリードを替えたことがなかったのですが
こんなにも違うのかとびっくりするぐらいに今までと勝手が違って
戸惑いました。

マウスピースとリードの間の間隔が広くなった感じ。

生きがいい。。。。というか、例えるなら

60歳くらいのおじさんみたいだったのが
15歳くらいの育ち盛りの少年に変わった・・・(笑)みたいな感じです。

いいんだか悪いんだかさっぱりわかりませんが
低音が安定しなくなり、ロングトーンもうまくできないかわりに
高音の出がよくなりました。


これって、いいリードなのか、悪いリードなのか。

今までが良かったのか、悪かったのか。

経験を重ねるとわかるようになるのかしら??




[2009/02/16] |    サックス | コメント(2)
サックス上達法!?













サクソフォーン上達法   デビッドリーブマン著

最近、購入した教則本をご紹介します~♪

この本は、以下の9章から構成されています。

●演奏メカニズム
●呼吸
●喉頭
●倍音練習
●舌の位置とアーティキュレーション
●アンブシュア
●リードとマウスピース
●ニュアンス表現のテクニック
●練習法

サックスの演奏法等について
論理的に解説されているのに決して機械的ではなく
とても音楽的に感じる本です。

まだ私には理解できない部分も多くありますがそれでも
勉強になることが書かれているように思います。


いちばん納得できたのは、

「芸術的な上達に必要なことは、リラックスすることが大事!!」

って部分でしょうか。


慣れないアンブシュアにかなり力みがあったのですが
この本を通じて、
「唇に不要な力を入れると喉頭部に余計な力が加わってしまい、妨げになる。」
とわかりました。

とにかく唇や身体も含めて、喉頭部が制限をうけないことを
気をつけて、出来るだけリラックスをして練習をするように気をつけています。


まだまだ、基本もできない私ですがこのことはずっと気をつけていきたいなぁ。。



[2009/02/14] |    サックス | コメント(0)
マウスピース
mp.gif
私のマウスピースは、先生が選んで下さった
セルマー180です。

洗っていいのかわからないけど、プラスチックのようなので
練習後に水で洗えるのがうれしいです。
(間違ってるかな・・・汗)

残念ながら、これが使えるのは初心者のうちだけで
また買い替えなければならないみたいですが
買い替えなさいと言われる日が来ないのもサミシイし(笑)
その日を楽しみにそれまで頑張ってもらおうと思います♪


マウスピースは、てっきり、試吹して選ぶものだと思っていたのに
指定のものをいくつか石森管楽器のスタッフに出してもらって
なんと、ぱっと見ただけで、選定終了。。。

長年の経験で、形状を見ただけで良し悪しがわかるとのこと。

先生は、マウスピースのリフェイスもされていたみたいです。

私には、サックスや道具の良し悪しはわかりませんが
楽器に不安を持たなくてすむのはいいことだなって思います。

音が悪いのは、自分が原因だとすぐわかるので・・・・(苦笑)
[2009/02/10] |    サックス | コメント(0)
タンギングとは? 2 
前回のタンギングとは?
の続きです。



タンギングとは・・・

サックスキングダムの掲示板で質問したところ
ある方が次のように回答して下さいました。
疑問が解決されました。親切に教えて下さる方がいるのは
本当にありがたいですね!




<以下、掲示板 抜粋>

譜面にタンギング等の指示がないのには、
2つの理由を挙げることができます。

まず、今されてるような基礎練習用の譜面の場合。
「タンギングせず息だけで音をきちんと立ち上げる」
「全部タンギングする」
「タンギングとスラーを織り交ぜる」
「スタッカートにしてみる」などなど、譜面は様々な練習をするための素材なので、
細かい指示は不要なわけです。

それから市販されてるジャズの譜面(教則本も含む)も、
ほとんど指示がないのが普通です。

これは主に、どの音をタンギングする/しないという使い分け(これをアーテュレーションと言う)が
奏者の個性に委ねられるからです。
また同時に(矛盾するようですが)基本パターンがあって、いちいち書くまでもない部分が
多いという事情もあります。

タンギングは音をシャープに立ち上げるために必要不可欠なテクニックです。
「ブツブツ音が切れるのでなく、なめらか」ということは上手な先生なんですね。
一流のプロのそれも、ロングトーンの途中に鋭い刃物を入れたような印象です。

譜面にない“タンギングする/しない(で前の音からスラーで繋げる)の使い分け、
その他アクセントや音価(音の長さ)etc.,etc....”は、ジャズの演奏にはとても大切なことです。
しかし習って半月ほどならアーティキュレーションの話が出ないのは当然ですし、
ジャズの先生に習っているならいずれ必ず教わる要素です。
焦らず順序立てて練習していけば大丈夫ですよ。

[2009/02/09] |    サックス | コメント(0)
タンギングとは?
私は、曲の中でタンギングをするのが
どういうときなのかを理解しておらず、特別な時に
するもの(何か記号がついてたり)とか思っていた。

しかしどうやらそれは間違いで、もしかしたら
今聴いてるサックスプレイヤーの皆様の一音一音は
いちいちタンギングをしているのかもしれない。

だって、レッスンでは
何の変哲もない「ドレミファソラシドレドシラソファミレド」
にタンギングをつけよと言われたから。

そうなのかぁ・・・・。
前途多難だ。

私はドレミファって吹くときは、ただ息を吹き込んでいるだけだと
思っていたから、衝撃的な事実だった。

とてもじゃないけど、一朝一夕には吹けるようにはならないぞっと
いうことがわかった。

先生が一度クラリネットでタンギングをしてみせてくれたが
本当に滑らかで、とてもいちいちそんな面倒くさいことをしているように見えない!

タンギング君に面倒くさいなんて言って、気を悪くしたかな。

エドはるみ風にタンギング~

とか言ったりして、だいぶ壊れてきたので
練習を終了・・・。



[2009/02/06] |    サックス | コメント(0)
レッスン2
レッスン2日目。

初レッスンから2週間、わからないことだらけで
聞きたいことは沢山あったはずなのに
それどころではなく、先生の指示に従うだけで精一杯になる。

「とりあへず、音出しといて」
とのことで、先生が席をはずす間に出してみるが
やはり、自宅でやるのと同じ「G」を出すとチューナーは「A」を示す。

当たり前だけど、場所が違うからって、まともになるわけじゃないのね(笑)

先生のスタジオのチューナーは、とても変わっていて
アメリカのスポーツカフェにでもあるような
電光式の大きなオブジェのようなチューナーだ。

先生に
「ソすら、まともに出せません。」
と言うと、どうやら、まだ私はチューナーで音を合わせることなど
考えなくてよいらしい。
あわないことに???だったが、しばらくは気にしないことにした。

マウスピースの咥え方が浅すぎると注意を受ける。
購入した際に楽器店がおまけでつけてくれたストラップでは首がしまるから
下で買ってきなさいと指示を受けて、買いに行く。

楽器店内にあるスタジオは、便利だけど、
本当に出費ばかり。先生・・・ツライです。

勘違いしていたことは、2つ。

1.マウスピースは私が思っていたよりがっぷりかぶりつき
2.吹くときは、喉を締めないようにする為、ほっぺたを膨らます


初歩の本の全ての運指をひととおり教わったあと
もうタンギングの指導に入る。

歯型と舌の模型とマウスピースが登場して
説明して下さったが、正直ちっともわからない・・・・。


今日知った革命的な教えは何だったかというと
「音楽を無理に言葉や文字にするな。耳で絵を描こうとしているようなもんだ。
 感触と音を大事にしろ。」


私は、このブログを作ったのは、音楽を言葉や文字で残すことにより
自分のスキルが向上するかもしれないと思ったからだったのに
根本が覆されたということになる。


マウスピースとリードの位置を言葉にすることも躊躇する先生は実に音楽的だ。

けども私はこれから苦労しそうだ(笑)
[2009/02/05] |    サックス | コメント(0)
ドが出ない2
消音器「e-SAX」を使用しても、音はある程度出てしまうので
夜8時までと決めたものの・・・。

じっくり練習ができない。

家庭の事情もあり、帰宅してすぐにごはんを食べ
片づけを手伝わずにバタバタと練習を始めても30分程しか吹けない。

隣の家に行って、聴こえてしまうのか確認したいくらいだけど
それも出来ず。。しかし、玄関外にはマンションの構造上なのか
確実に音がもれてしまう。

公園練習の二の舞で、自宅練習まで出来なくなってしまうことは
避けたいので、これは守りたいルールだけど厳しいなぁ・・。



ロングトーンを練習したいが音がうまくだせないので
ソラシド と ソファミレド の練習をしてみる。

低音のドは、ソからの下降だとたまに出るようになったのだが
逆に中音?のドまでの上昇をすると音が詰まるようになった。

ここ2~3日で、どんどん音が出なくなってしまっているような感じさえする。


楽器が可愛そうな位、ヒドイ毎日が続いているが
いつかは素敵な音色を引き出せるようになりたぃ。

[2009/02/04] |    サックス | コメント(2)
前のページへ  | トップページへ |  次のページへ
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

『柚希礼音ディナーショー』DVD

icon icon

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新記事

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。