FC2ブログ
星組『リラの壁の囚人たち』 観劇感想その1
リラ

今日のお席は、
S席1階N列40番台後半♪

日本青年館初の1階席です(笑)

後ろの席の方が、段差がしっかりついているのかも?
私の席はストレスなく観劇できました♪



開演のアナウンスがかなめちゃんの声っ!!!

初めての経験になんだか
開演から鳥肌がたってしまいました!


そして、エド(かなめちゃん)が下手前方の非常口から登場!
こんなことなら、下手席が良かったナ(笑)

やっぱり会場に降りてきてくれると距離が近く感じますね~♪
上手席からでもなんだかテンション上がりました~!



さて、『リラの壁の囚人たち』

1幕終わったあとは、しっくりこなかったんです。


いろんな登場人物が他の人の会話を壁の影や階段上から聞いて
話が進行していくことがやたらと多いんです。

流れは自然なのですが、盗み聞きしているみたいで・・(汗)

セットが変わらないので仕方ないのかな?



そして、エドがレジスタンス活動の先導をきっているように
見えないんです・・・。

キャラ設定が間違っている気がします。


ポーラだけでなくマリーにもやさしいエド。

「泣かないで」「キミはかわいい」
あんなセリフささやかれたら
誰でも誤解しちゃうでしょう・・・(汗)

レジスタンス活動の詳細は描かれていない上に
いろんなシーンで、"いい人"な主人公は、レジスタンス活動で
命をかけてきたように感じないんです。

重要人物の割りには、ピエール達より
情報の入手も遅くて、どういう役割を担っていたか
伝わってきませんでした。

主役の人物像をもっと
人間くさく、魅力的に設定して欲しかったです。

エドが「リラの壁の囚人のようだ」と
イライラをポーラにぶつけるシーンは、唯一
エドの本心が見えて納得できました。



と・・・・ここまで書くと
良い作品じゃないように思えますが



他のキャラがイイんですっ。

このストーリーの本当の主役は
ポーラ(白華れみさん)とマリー(音波みのりちゃん)の
生き様にあるような気がするんです。

ナチス侵略とレジスタンスが
二人の人生に表れているんです。

二人がエドに見出だそうとするものは
この時代に翻弄された女性の苦悩から生まれてくるもので

その為には、エドはあういう人物でなくては
ならなかった気がしました。
関連記事

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/05/29] |  リラの壁の囚人たち | トラックバック(0) | コメント(0)
<<星組『リラの壁の囚人たち』 観劇感想その2 | ホーム | 明日は♪>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://groove56ex.blog14.fc2.com/tb.php/258-6d119ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | トップページへ | 
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示