スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] | スポンサー広告
『エリザベート』行ってきましたー☆
teigeki.jpgcaste1.jpg

昨日は、帝国劇場にて『エリザベート』を観劇してまいりました(*´▽`*)ノ
たっ楽しかったデスーーー!!!!

主要キャストが刷新された今回、
大好きな石川禅さんのフランツが観られない事にがっかりして
もうエリザがどうでもよくなってたんですが
イザ観に行ってみたらすごいことになっておりました(* T-T)

あまりにキャラ祭りが楽しすぎて、全体像をつかむまで至らなかったのですが
とにかくキャスティングが素晴らしくてワクワクドキドキしっぱなし!

やはり、特筆すべきはエリザベートに花總まりさんが配役されたことと
ルキーニが高嶋さんでなくなったことではないでしょうかっ!!

エリザベートを演じる方が元宝塚男役でなくなったことで
私的には物語と関係ないいろんな心の葛藤が取り払われた気がしました(爆)
(ヅカファン的に)
歌が課題だったり、年齢的に無理を感じてたり、男役にしか見えなかったりと
エリザベートをエリザベートとして演じるには何かが欠けていたと感じていたのが
正直なところなのでございます。

でももしかすると、ただ単に花總まりさんが神キャストってだけかもしれないんですけど(笑)
エリザベートが「とってもエリザベート」だったってことで
帝劇エリザに新風が吹いたことは間違いない気が致します(`・ω・´)ノ

花總さん、やっぱりやっぱり素敵な女優さんでした(* T-T)ノ
花總さんを誰かと比べるとしたら、映像の中の花總さんになるわけですが
発声方法が宝塚時代とはあきらかに違っていました。
少女時代を演じるその可憐な声もきちんとした訓練によって使い分けられていて
宝塚時代から評価されていた演技力に加えて、自らの努力でそれに磨きをかける姿に
プロフェッショナル魂を感じます!

そして、花總さん、そんなにすごい絶世の美人ってほどでもないと思うんです(オイ)
でも、舞台に立つと「この人は美しい人なのだ」と言わしめる何かがあって
そのチャーミングさに吸い込まれそうになるのです。
そして、花總さんがもともと内包する求心力が「エリザベート」と重なるのです。

彼女から感じたエリザベートの人生は
希望に満ち溢れた少女が、愛を得て(フランツへの愛を感じた)、自由を失い、
生きる意味を見いだし、それは同時に孤独を生み、死によって安らぎを得る

こうして言葉にしようとしてみると私はあまりこの物語を理解しきってないんだろうと
いつも思うのですが、それでいいのかなって思います。
いつかちゃんとわかる日が来るのが楽しみだから(笑)

そして、トート役の城田君♪
ひたすらでかい(笑)!!うきうきするくらいにでかい(笑)!!
その手の中でひとひねりされたらと思うと怖いくらいにでかい!!
花總さんと並ぶたびに思わず笑いがこみあげてたんですが(→悪い意味じゃなく)
その死神への徹し方が一貫していて、人間じゃない(笑)!!

5年前の城田君と全然違ってた。すごく良かったんです。
でもやはり、いつも帝劇エリザでがっかりするんですが
そこに 「愛」 がないんです。

ここまでくると、小池先生が帝劇エリザと宝塚エリザの差別化を図っていると思うのですが
私は断固反対したいっ(爆)!!!!

ここまできちんとエリザを演じる女優がそこにいるのに
「それに共鳴するトート」を存在させないのはあまりにも勿体ない気がするんです。

「愛」という形じゃなくてもいいから、トートという役をそこに存在させている以上
舞台の上で、息をさせるべき、心を持たせるべき
べきって言ったのは、この物語が新しい何かをもたらす可能性に向けての”ベき”
なのでございますよーーー(*´Д`*) !!!!

ただの死神なら、1回観ればそれでいいけど
もし生きる死神だとしたら100回くらい観たくなるんだけどな(笑)


残念がってたフランツのキャスティングですが、
佐藤隆紀さんの低音ボイスが素敵な上に、花總まりさんもそうですが
老いていくにつれ、声色がきちんと変わっていくので
この2人の組み合わせを見ていると時間の経過をはっきりと感じます。
残念なのは、もともと歌手だからと思うのですがとても無表情(笑)なので
彼が表情豊かになる日を心密かに待ってみたいと思う今日この頃(笑)

前回に引き続きのルドルフ古川雄大君。
成長っぷりにお母さん泣く(爆)。
どんだけ歌練習したんでしょ。良かったよ。良かったよ。
歌が良かっただけにルドルフの心の叫びがもっと伝わるような
一歩先にいく演技を期待してしまいたいっ!

そして、ルキーニ役尾上松也さん。
私にとっては画期的でした(爆)
彼のルキーニは狂ってるかと思いきや、真実を解き明かそうとしてるようにも見え
私にとっても帝劇エリザベートがイッキに楽しくなったのは間違いございませんっ!
でも見せどころの「キッチュ」がつまらない・・・
あそこがかっこいいのは、「轟悠」様だけなのかな(笑)
やっぱり準主役級の役なのだと改めて感じました。
ルキーニの導き次第で、物語がいかようにでも変わるんじゃないかってくらいに
わくわくする役ですね(*´▽`*)ノ


観劇の後に、ひさびさに仕事帰りのえみこさんとごはんしてきました♪
井上トート閣下が素敵らしいと伺い、これまた楽しみ(*´▽`*)ノ
次の観劇予定がかなり先なのですが、8月まで待てないよぉ!!


関連記事

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/28] |    ライブ・その他舞台 | コメント(0)
<<ちえさんが受付嬢 ( ・д・;)ノ | ホーム | キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン☆>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

 | トップページへ | 
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

『柚希礼音ディナーショー』DVD

icon icon

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新記事

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。