スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] | スポンサー広告
星組『ダンサセレナータ』 千秋楽感想
ダンサセレナータ前楽・千秋楽が終わりました。

今朝は、すずみん・れみちゃん、退団者のみんなはもういないと
うなされながら目が覚めました。

もう戻らない、もう一緒に時間を過ごすことはできない
宝塚の香りのするとよれみが去ったこと大事なメンバー達が去ったことを
自分の中で消化しきれません。


実は千秋楽を神席で観劇してきました。
舞台が近すぎて、物理的に視界が狭すぎて
精神的には客観的に観ることができなくて
ただただ目の前に広がる光景をみつめていただけでした。
泣いてばかりで前が見えていたのかよくわかりません。


私がこのような席に座っていいのかと自責の想いでいっぱいで
緊張して緊張して直前までチケットが手元になかったこともあって
前日ゆっくり眠ることができませんでした。

ブログに書くことを忘れてただ自由に観ようと思ってはいたけれど
実際に書く段階でお伝えできることが少なくなってしまい
当日、その場にいることが出来なかったファンの皆様に申し訳ない想いでいます。

ごめんなさい。。。

でも最後の日を一緒に過ごすことができたことに心から感謝しています。



ダンセレは、アンジェリータの演じ方によって
イサアクの人物像が違ってみえてくるのですが

東宝前のお稽古で、アンジェリータがまだイサアクのことを好きだという設定で
演じるように変わったようです。

でも私にはそれが一人の人間として強く意識しているようには感じるけれど
恋愛感情を残しているようには見えていなかったのですが、

今日は、アンジェリータがイサアクをダンサーとしてだけでなく
特別な想いを持っているというのが伝わってきて・・・
れみちゃんは本当に素晴らしい役者だと思います(;д;)

イサアクを傲慢だとなじりながら、それが嫌味にならないアンジェリータと
その気持ちを知りながらも自分で自分のことがわかっている彼の憂いみたいものが
すごく色っぽくて、イサアクの魅力にドキドキしてしまいました。

彼女が次第にジョゼのことを意識していく過程にもなんだかキュンとします。
特製ドリンク一度は飲んでもらいたかったけど(話が変わるか笑)
それは叶わなかったです(笑)


そして千秋楽の、イサアクとモニカが再会し手紙を出すところで
ぶわぁっとジョゼが見守ってきたあの時間と空間が浮かび上がるような感覚があって
私もなぜか涙が溢れてきたんですけれど

幕間に、ジョゼの手紙には、とよこさんからちえちゃんへそしてねねちゃんへの
想いが直筆で綴られていたらしいと知りました。

ねねちゃんの目からは涙が伝っていて
ちえちゃんも目が潤んでいたのはそのせいだったみたいです。

私はそのことを知らなかったので、イサアクとモニカから
想いが溢れているのはお芝居の中のジョゼのせいだと思っていました。

でも昨日はとよこさんとジョゼの境目がなくなって
ジョゼは、とよこさんそのものでした。



紅ホアキンは、自分の立場に忠実に生きる姿をまっすぐ演じるようになりました。
イサアクと出会い、自分とは真逆にいる彼に強く惹かれつつも
生き方を変えることができず、そしてそれが終焉を迎えるという
ひとりの男を演じることに最後まで挑戦しつづけていたと思います。

ねねモニカは演じ方は変わっていきましたが芯の部分はぶれることなく
モニカを軸に物語が展開されていたと思います。
そこにすーっと立って自分に生き方をまっすぐみつめる彼女は
生まれも育ち方も異なるけれど、イサアクに似ていたと思います。

公演を重ねるごとに静かに強くあつく惹かれあう2人が愛おしかったです。


イサアクは、ちえちゃんにとって大きなハードルとなった役だと思います。
それを乗り越える姿をこの1ケ月間みつめることができ、私は幸せでした。
ちえちゃんはイサアクを掴んでいたと思います。

でも10年後のイサアクを演じるちえちゃんにまだ青い部分を感じるのと
ダンサーイサアクとして踊る姿があまりにもかっこよすぎて
素の部分の彼を同じレベルまでかっこよく魅せることにあと一歩及ばなかったと思っています。
もしそれができたとしたら究極の男役の世界を観れたような気がしてます。

千秋楽でちえイサアクと紅ホアキンが歌いながら銀橋を歩くとき
私は、ちえちゃんの後ろ姿を目で追っていたのですが、
その大きな背中とイサアクでしか見たのことないその歩き方をみつめて
せめてあと1週間、一緒に過ごしたかったと思いました。
叶わないことですが、できることなら続きが観たいです。


でもこの1ケ月間、たくさんの物語を感じ、人生を感じ、イサアクの回想の世界に
私を入りこませてくれました。みんな本当にありがとう。
ちえちゃんありがとう。私はちえちゃんのイサアクが大好きです。


ショーに続きます。



関連記事

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/08/06] |  ダンサセレナータ | コメント(0)
<<星組『Celebrity』 千秋楽観劇感想 | ホーム | ちゃんと観れたのかな。。。>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

 | トップページへ | 
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

『柚希礼音ディナーショー』DVD

icon icon

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新記事

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。