スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] | スポンサー広告
星組大劇場千秋楽
星組大劇場公演が千秋楽を迎えました。

ひとり観劇の長かった私が、最近は劇場でお話をする方も増えて
ご縁のある方にはいろいろとご迷惑をおかけしているに違いないんですが
遠征中、幸せなキモチで観劇できたのは、ちえさんだけでなく
ファンの皆様があたたかいからこそだと感じる日々でした。
このブログを読むことはないかと思いますが(笑)、本当にありがとうございました。

初日から、私にとっては本当に怒涛の1ケ月となりました。
東京と関西ではエスカレーターの立ち位置が変わるんですけど
往復して過ごしているうちに、とうとうどっちが右で左かわからなくなってました(笑)

そして、宝塚は台風が直撃(だったのかよくわかってないけど直撃ですか?)という非常事態
そして、劇場の中にいてこれまた状況が詳しくわからなかったけど、
大雨で電車が止まってるらしいときいて、びっくりした日もあったりしましたが

今日一番嬉しかったことは、星組生がひとりも欠けることなく
千秋楽を迎えられたことです。

本当に本当にありがとう。
みんなが元気でいてくれてありがとうございます。

へたれな私は、もうレポを書くほど記憶することが出来なくなってしまいましたが(爆)
ブログを書く人としてはもう使命感を持っていないともいえるので、
本当申し訳なく思っています。

でも私が感じたことだけをざっくりですみませんが少しだけお伝え致します。

幕が降りたあと、退団者3名のメッセージを組長が読み上げてくれたのですが
その言葉に胸を打たれて、私だけでなく涙した方も多かったことと思います。

特に
わんこちゃんがひとつひとつの場面、作品を一緒に作り上げてきた共演者とのことを語った時に
ちえさんのことを言及してくれて、もちろん私がちえファンだからというのも大きいのですが
太陽王の役でわんこちゃんが感じたちえさんの凄さ大きさ緻密さについての話を聞いた時は
こうしてちえさんが下級生に自分の背中を見せて組をひっぱってきたのだと感じて
とてもとても嬉しかったですし

しゅう君のメッセージからは、普段の彼から想像もつかなかった心の葛藤を知り
それがあまりにも率直で真面目でまっすぐに伝わってきて
今思い出しても胸にくるものがあります。

階段降りで、私はちえさんの表情をやっぱり追ってしまいましたが
本当にさみしそうでさみそうで、ひとりひとりとの思い出が心にあるのがわかるように
3人とも降りるときに迎える時の表情が違っていたけれど
ちえさんはいつもこの瞬間に泣いたりしないけど、本当にあたたかな人なんだなって
改めて感じていました。

挨拶の内容を覚えていないけど、なんだか舞台にいる3人と会話してるみたいに聞こえるくらい
私も会場に同化してて、ただただ心がほわってなってました。

しゅう君の挨拶の時だったかな?ちえさんが拍手してたけど
ちっさく手の先をパチパチ合わせてて可愛いすぎてキュン(笑)

ちえさんの挨拶は、最近自分の言葉でその時の想いを伝えたいって
思っているのかなって思うんです。
一時は、しっかり用意していた言葉をトップとして伝える使命を感じていたけど
そうではなくて、客席とコミュニケーションとりたいって思ってる気がします。

ちえさんは、ほんわかだったり、のりのりだったり
客席と一体感を感じる日々だったというようなことを言ってくれて
でも自分だけそう思ってる?って不安になったらしく、客席に確認してました(爆)

不安にならなくても大丈夫なのに(笑)、
客席のみんなはちゃんと感じていたと思います。
ですよね?って私が聞いてるけど(笑)

最後の曲はタカラヅカフォーエバー。
私は手拍手をしてたので顔は見えませんでしたが
ちえさんは隣に立っている退団者3人の顔を
なんどもなんども笑顔でみつめているように見えました。

カテコは3回位?
退団者からひとことずつと、ちえさんが運動会頑張るぞーって言ってたと思います(笑)

細かいこと記憶できてなくて申し訳ナイけど、しゅう君とじゃんけんした気がする(笑)
勝った人は視力が良くなって、負けた人は雨ですって(爆)

私はちえさんが運動会のことを言ってくれたのが結構嬉しくて(笑)
お茶会のときはその言葉(運動会)を自ら、口にするのも躊躇うくらいに意気込んでいたので(爆)
本当、どうにかして星組を勝たせてあげたいんですけどどうしたらいいですか(笑)?

柚美さんも運動会のことを言ってらしたんですが、理事やさやかさんのファンの皆様に向かって
心の片隅で良いので、専科組に加えて星組のこともよろしく、ってどんだけ勝ちたいんだろう(笑)

舞台の千秋楽スペシャルとしては☆
アマゾンクルーズマエストロ、紅さんがクルーズは一時休業するけど
9/5(東京初日)に再開しますみたいなこと言ってました(笑)
〆の時は、東京ぜったい来てや♪というニュアンスだったかと思います。

そして退団者3人は太陽と海の場面でそれぞれ胸に花をつけていて
毎回わかっているけど、わかっているけど、もうすぐ観れなくなるんだって思うと
その花を追わずにはいられません。

ちえさんもアドリブ入れてくれて、めっちゃ嬉しかったのですが
男役銀橋一列並びの時にセンターでうらぁー千秋楽ー!!って叫んでくれて
拍手してたか何かで、表情見れないのが残念だったけど、
スカステに映っていることを期待。スカステ難民だから見れないけど(笑)

そして、カポエイラが特に凄くて凄くて
回し蹴りフェスティバルのラストのちえさんの表情ご覧になりましたかっ!!!?
あんな表情してるの初めて観た気がする!!!
ちえさんしか出来ない男役の顔がそこにあって、スカステさんーーー(笑)!!!
→ボキャ貧を侘びる瞬間(笑)

殴り書きなレポで本当スミマセン(汗)
明日から、私は即効で通常営業ですのであと2時間強しか寝れないことに気付きましたが
どうにか生き延びます(笑)ではではおやすみなさい

スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/08/19] |  ロストグローリー | コメント(4)
おやすみなさい☆
ふと気付いたら、既にダブル観劇だけでも7回という状況に
息も絶え絶えになってきております(爆)

ちえさんのお茶会の日、つまり台風宝塚直撃日は
11時公演だけの観劇予定にしておりまして、せめて髪を三つ編みとか
(→編みこみできないので三つ編み??笑)してみようかと思ってたのに

ちえさんの舞台みつめてたら、次の公演を観ないなんてことが出来なくなって
幕間に当日券売り場に猛ダッシュしてました(爆)
私の枯れかけた乙女心なんかよりもちえさんの舞台の方が大事過ぎて(笑)
天秤にかけてる場合じゃありませんでした(笑)

劇場に向う花の道の状況は、それはもうそのまんま”嵐”のようでして
雨ガッパと傘にビーチサンダル(爆)で劇場に突進してたら
横を通った車に水しぶきかけられて(笑)、なんかもう漫画みたいでしたけど(笑)
劇場に辿りつけなかったお客様もいたに違いないことを思うと
観劇できたことに感謝せねばなりません

ちえさんも星組のみんなも台風の中、劇場に足を運んで下さったお客様に
精一杯の舞台を届けたいって思ってそこに立っているのが伝わってきて
熱い想いがつまった舞台にフィナーレでは思わず涙ぐみましたぞ(笑)

15時公演は、2階席のてっぺんから眺めてたのですが
星組とそしてちえさんのパワーが一番遠くにいるはずの私にも届いてくることが嬉しくて
みんなにこっちまで届いてますっ!!って大声で叫びたかったデス(笑)

そういえば、雨漏りのせいで大劇場に穴が開いてました(笑)
写メる余裕はもちろんありませんでしたが(汗)

それからちえ茶レポできなくって申し訳ありませんが
それはそれはもうとんでもなく楽しかったことをここに宣言したいと思います(笑)

ではでは、千秋楽まで生き延びることができますように(笑)
明日もお仕事頑張るにゃー


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/08/12] |  ロストグローリー | コメント(2)
レポ頂いております☆
レポいただいたのに遅くなってしまいすみませんでした

アーサーさん
7日の星組公演観劇してきました。レオンさまの熱いまなざし、幕開きからの激しい腰の振りに身も心もとろけてきました。星組のみんなが、暑さに負けず頑張っている姿や、今回私の母校からはじめてタカラジェンヌが誕生したのですが…そのそらちゃんがロケットで頑張っている姿をみて、目頭が熱くなりました。
今回も一回きりの観劇だったのですが、運がいいことにSS席4列目の通路側がゲットできました。あんまり予習せずに行ったせいか、サプライズが多過ぎて…(稲葉先生は客席降りはあんまりしないって先入観があったけど)まさか、レオンさまにタッチ!できるなんて…まさに真夏の夜の夢・心拍数がMAXになって、しばらく固まってしました。想定外のとっても嬉しい出来事でした!

やっぱり一番の素敵ポイントは、カポエイラの場面ですね。モヤの中から登場するちえさんのオーラと存在感が凄すぎて、過激なアクションに圧倒され、お客さんの拍手はなりやまず…あーこの場面は、ずっと語り継がれる伝説の場面になるんやろなぁ(宝塚こだわりセレクションとかで)って確信しました。
でも、ゆずのしんさまがおっしゃる通り、場面と衣装がミスマッチで残念と思う場面がいくつかあって…確かにあのデュエットダンスは、いつもの甘いちえさんの笑顔とまなざしにあの衣装はミスマッチでしたね!あれじゃ夢がみれない東京公演までになんとかなればいいですね!

お芝居のほうは、黒い役なのであんまり衣装が変わらずさみしい感じでしたが、黒いスーツで力強く銀橋を歩くレオンさまが大好きなので(私の中では、ダニーのJACK POTが最強)それが見れて眼福でした。

久しぶりに観劇して…何回も泣きそうになったり、胸がキュンキュンなりっぱなしでした。私の楽しい夏休みは終わりましたが(でもみりおちゃんのエリザベートは観に行くけどね)、あとはゆずのしんさまの楽しいレポートお待ちしていまーす!
稲葉先生曰く、客席は神聖な場所とのことで客席降りないと思っていたんですが、ちえさんの客席降りがあるんですよね
ただ、移動距離があまりに前方席過ぎて、
私がちえ様にタッチできるわけじゃないというのが一目瞭然だったので
客席降りがあると知っても冷めた目で見てました(爆)

でもでもちえさんにタッチしていただけるなんて
アーサーさんは、素敵な夏の思い出が出来たようでめっちゃ良かったですね

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/08/12] |  ロストグローリー | コメント(0)
サプライジングな朝(笑)
宝塚でちえさんと星組から幸せいっぱいもらってきました
帰り花の道を歩きながら、幸せ過ぎて涙ぐむっていう(笑)
こんなに幸せでもいいのかな(笑)?

そしてつい先ほど、現実の世界に戻ってまいりました(笑)
そしたら、バスで朝早く東京に着いて、そのまま出勤すると知っている同僚が
私のデスクの足元に寝袋を置いてくれてました(爆)
こんなのどうやって会社まで運んできてくれたんだろう(涙)

夢の世界から戻ってきたはずなのに
そのやさしさにまだ夢の中にいるみたいデス(笑)
あと1時間でいつもの生活がまた始まりますが
今日も普通を普通に頑張りますっ(笑)

ではではみなさまもいってらっしゃいませ



テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/08/04] |  ロストグローリー | コメント(7)
早くもキャパいっぱいになってきました(笑)
main_img.jpg
→クリックで記事にトビマス☆

まだ大劇場公演期間中だというのに
いっぱいいっぱいデス(爆)
東京公演に入ったら、どうなるのか思いやられます

週末ちえさんに会いに行ってきます!!
明日は早く仕事が終わりますように(>_<)
ではではおやすみなさい

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/08/01] |  ロストグローリー | コメント(2)
うちのおかんが泣いている(爆)
夕食から1時間後に、今日の晩御飯が何だったか
うちのおかんから訊かれたのですが

ちえ様に会いに行くことばかり考えてたら
さっき食べたばかりの夕食のメニューを
答えられませんでしたΣ( ̄Д ̄;)
せっかく作ってくれたのにごめんなさい

忘れたというよりも。
恐らく何を食べてるかよくわかってないまま食べてたみたいなんですけど(笑)、
怖い位の末期症状が発生しております(笑)


でもとても良い現象もございまして、昨晩飲み会だったらしき同僚から
「月曜日に会社に行きたくない~(>_<)ノって、ならないの?」って
訊かれたのですが

そんな風に思うことが全くないんですよね(笑)
なぜなら、働ける時に働いておかないと
ちえ様に会いに行く大事な日にお休み出来ないから(笑)

まぁ、働かなくてもいい身分なら
今すぐにでもちえ様に会いに飛んでいけるんですけどね(笑)

今週末大劇場へ行けないか一生懸命考えてまして
夜行バス調べたり、ホテル探したり、チケットどうにかなるのか悩んだりしてたら
あっという間に深夜になってます(笑)
金曜日は本社勤務も控えてるので、もう準備が間に合わないんですけど
たとえ会えなくてもこうして悩んでるのも幸せだなぁって思います


tokk.png
→クリックすると記事に飛びます♪

ただ、今週末もおうちで何も手につかないまま
ウダウダするのかと思うと気が遠くなりそうです(笑)
ではではおやすみなさい~




テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/07/28] |  ロストグローリー | コメント(1)
ロストグローリー(あまりオススメできない)観劇感想
↓観劇前にネタばれしてはならない箇所について記載がありますので
  ご注意ください。



もう心はイヴァーノ色に染まっているゆずのしんで、ございます(笑)
劇場に今すぐにでも飛んで行きたい気持ちを押さえつつ、
煮えたぎる暑さの家の中で悶々としております(笑)

初日から10日程経ちましたので、ロスグロの感想を書こうと思うのですが
私、若干病んでる人なので、人とちょっとくらい感想違うことがあっても
後ずさりしないでいただければと思います(笑)
いや、友人とごはん食べてる時にイヴァーノの全てに共感していると言ったら
かなり私のメンタルを心配されたので(爆)、自分でも人生の歩みに
大きな間違いがあるのではと、とっても気がかりなんです(爆)


とり急ぎ、決定的に理解しがたいところがありまして
ちえさん演じるイヴァーノは、結局殺されて死んじゃうんですが
なぜかほぼほぼ人間関係を築いてこなかったディアナ(ねねちゃん)の
腕の中で息絶える理由が、さっぱりもってわからないというのが
最大の難所なんじゃないかと思うワケです(笑)

だっていろいろあったにせよ。
上司の奥さんの腕の中で死ぬ
ってありなんでしょうか。。。( ̄Д ̄;)

まぁ初日はちえイヴァーノがいっぱい出てきてくれたのが嬉しすぎて
そのことに気付かなかったんですけど(爆)
物語のDiva的存在のディアナが綺麗事しか言わない上に
私の愛するイヴァーノ(笑)を看取るという暴挙にでてることが正直残念でなりません。

「信じていいのよ。傷つくことを恐れなければ。」という
イヴァーノに向かっていう台詞がありまして

ぬくぬくと何不自由なく、これまでは人に裏切られたこともなく幸せに暮らしてきたあなただから
そんなこと言う元気が有り余ってるんとちゃうんですか?という
イヴァーノよりどす黒い私の病んだ心をどうにかしてください(爆)

ここが最大のポイントで、私がこの物語を観劇していく中で
人を信じたいという思うようになる日がきたら
それはそれでものすごく楽しみなんです(笑)!!!
もう演者たちの努力に身をゆだねるつもりで盛大に期待しております(笑)

そして、ディアナは主人公のオットー(轟さん)について
本物の愛を信じたいとイヴァーノに熱烈宣言しているのですが

それなのに 愛しすぎた妻のことを信じ切れずに苦しみ、全てを失った夫を
綺麗に美しく見送るというラスト。
(※ただきっと2人は再会してまたやり直すんだろうな的な感じに仕上がってる)

ある意味現実をデフォルメしたような世界観なのにひとりディアナだけが浮いてて
私は弱い人間を魅力的に感じるタイプなので、この登場人物だけは
どこに共感していいのかよくわからないのです。
宙組のクラシコの時に思ったけれど、景子先生って自身が女の子なのに
女性の描き方が極端過ぎて、いまひとつ心惹かれるキャラになっていかないのが
勿体ナイ気が致します。

もうひとつ残念だったのは、私が観たかったのは
轟悠サマ VS  柚希礼音サマ の火花散る戦いだったのですが

イヴァーノがオットーへの復讐に燃え滾っている割には
2人の関係性がしっかり描写しきれていない為に
結果的にすごく勿体ナイことになっているのが、残念でなりません。

そして、もうひとつ言及すると
復讐の結末が、ただの勘違い だった って(爆)
冷静になって見てしまうと、ちえ様の無駄使い って言いたい気もします(笑)
まぁ私の場合、冷静に観る必要がないのでそんなに問題ないんですけど(爆)

まぁ、愚痴はこれくらいにしておいて、この作品のステキポイントを(笑)

とにかく 柚希礼音サマをみつめているだけで
こぶし握りしめたくなる程かっこいい(* T-T)ノ


ただ私がちえヲタですって言ってるだけにも見えますが(笑)
復讐に燃えるちえ様がかっこよくないわけがないっていうか
一応悪役ポジなのに客席からにやにやしてイヴァーノ様をみつめてる
自分がファンとして大丈夫な範疇かとっても不安になります(笑)

銀橋で「Who knows?」(バベルの塔の歌です)を歌いながら歩みを進める
イヴァーノ様の脚に「私をイヴァーノ様の女にしてください」とすがりついて、
そのまま上手から下手までずるずるとひきずられたいと思うほどに(笑)、
ちえ様にぞくぞくせずにはいられないんデス!!!

そして、彼はかっこいいだけじゃないんです!
もし私がイヴァーノの立場だったら、オットーに裏切られたとしても
今までの経験則から言って、「人は信じるに値しないことを証明したに過ぎない」と
冷静に分析して片付けて終わってしまうので、物語にならないのですが(笑)

信じたかったって気持ちがあるからこそ、オットーへの復讐を心に誓うに違いなくて
そこが私的にイヴァーノさん可愛いなぁと思う萌えポイントなのです(爆)
やってることは悪魔なのに可愛いってお姉さんはギャップに弱いのかも(笑)

そして、イヴァーノの台詞たちが、冷静に冷淡に世の中の真実を語りそれを
自らの復讐劇に散りばめながら、実証していく
ところが、わくわくしてしまう程に面白いんです。

自らの死でさえもその実証の一部に過ぎないのではと感じる程に
イーヴァノは終始イヴァーノで在り続けるのです。

そして、ストーリーテラーでありつつ、物語を操り支配していて
いつの間にか、語り部でなくなり、そして物語から消えていくのが
演出の素晴らしいところだと私は思うので、ちえさんが幕が降りるときに
舞台上にいないという初めての状況も快く受け入れているわけです(笑)

暗そうな話ではありますが(笑)、ここは宝塚なので、希望があります(笑)
イヴァーノにとっては信じないことが唯一のよりどころで、
だからこそ私はある意味において彼が強くいられたんだと思うし
そこに強く共感しているのですが(→だいぶ病んでてスミマセン笑)

そこをイヴァーノの死の場面ではくつがえしにかかってくる!!(笑)
イヴァーノは、「羨ましい」と最期につぶやくのですが
社会に、世の中に絶望して冷淡に生きることを選択した人間は、
人を「羨ましい」とすら思わなくなります。
だから、その台詞があるということは、イヴァーノは世の中に希望を見いだして
死んだということであり、私的には、そんなわずかな希望しかないなら
希望なんてないまま死んだ方が幸せだったのにと思ったり

いや、それでいいのだと思ったり。
死んでしまうからというよりも、
イヴァーノの心が揺れるからこそ、私の心も揺れるんです。

紅さん演じるロナルド(イヴァーノの復讐の道具となる男)については
イヴァーノに心酔しながらもその騙されていく姿には、人の心の弱さが
くっきりと見えるところにキュンとしてしまいます。

それから、今回カーティス役の真風君が、かっこよくて成長ぶりにお母さんは涙(笑)
イヴァーノが「なんで会社を任されるのが俺じゃなくてお前なんだー」って
もっと思ってほしいので、もっとヘタレってもいいよって思ったり(笑)。

そして、轟悠さんがやっぱり香り高い程に立ってるだけでいい男!!!
オットーがいい男であればある程、その彼がぼろぼろになっていく姿が
快感なので、もっともっといい男にそしてもっともっとぼろぼろになってほしいと思う
やっぱり性根に問題のある私をお許しください(笑)


もしかしたら人とずれまくりの感想だったらどうしようとおびえてきましたけど(笑)
私、今まで以上に力の限り観劇する予定ですので(爆)、心が改まる日がくるかもしれません(笑)

次の遠征がまだまだ先なのですが早く
ちえ様の高笑いがききたくてウズウズ(`・ω・´)

ORG_20140722001202[1]

ものすごく好みが分かれる作品に仕上がっておりますが(笑)
世界観にピタリとはまった音楽を聴くだけでもわくわく出来るはずなので
信じてもいいのよ。傷つくことを恐れなければ。(笑)


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/07/27] |  ロストグローリー | コメント(2)
熱い熱い夏
昨日は、スカステで突撃レポートの放送があったようで
ちえ様が意外にも悪役を楽しんで演じるようすが伺えて
ちょっと心配してたんですけど、めちゃめちゃほっとしました

きっと突撃レポのちえさんはパレードの時の黒のキラキラ衣装に黒の羽だと思うのですが
もうめちゃめちゃこれがステキでして、ちえ様の黒塗りの肌がシルバーのVラインの首元に映えて
しかも横から見るとちえさんに大きな大きな羽が生えてるように見えるんです

その大きさがまぶしくてまぶしくて私の目はもうそれだけでキラキラ(笑)
今回のパレードでは、紅さん、ねねちゃん、真風君の3人が白い羽を背負ってるんですが
4つの羽が銀橋に並ぶ様子はそれはもう圧巻で、
みんなをみつめながら、パッショネイト!の曲を聴いてると
この夏をちえさんと星組と一緒に過ごすことが出来ることが
泣けてきそうになるくらい、幸せに思えるんです。

夏って、こんなに熱くって幸せな季節だったんだって
初めて知りました
私もみんなと一緒に精一杯燃え尽きたいっ!!

明日は、レミゼラブル観劇デス役替わりキャストが誰か覚えてナイけれど(笑)
ではではおやすみなさい


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/07/26] |  ロストグローリー | コメント(1)
おやすみなさい☆
既に倒れそうに眠く、実際に昨晩倒れてみたら朝だったわけですが(笑)
遠征の報告があまりできてないので、ちょこっとだけ

遠征中、ダブル観劇を3日連続はきついだろうと思って
1日だけは、1公演しか観劇予定入れてなかったんです。
でも結局はちえさんが舞台に立っているってのに
観ないなんてことが出来ませんでした(笑)

月曜日の夜は会総見だったのですが、
ちえさんのショーの時の髪型が初日からの6公演と違ってて
総見スペシャルにしてらしたのかと思うと、
そんな気合いの入ったちえ様がめっちゃ可愛くて萌えました(笑)
横わけでちょいリーゼント風みたいに固めてたんですけど、
あまりパッショネイトな衣装たちとあってない(笑)でもそんなのどうでもいいんデス(笑)
そんなちえさんが好きだから(笑)

初日の感想にショーの曲がいまひとつって書いたけど
何度か観劇を重ねたらぜんぜんそんなことなかったデス。
初日は、歌い継ぎが歌い切れてなくて、メロディがよくわからなかっただけでした(爆)

主題歌の紅さん、キーが低いのか発声が苦しそうで声があまり聴こえないんです。
その前のねねちゃんは娘役なのでキーが高いのもありそんなにメロディがはっきりわからないし

それから中詰めのしーらんは、はるちゃんと風ちゃんと一緒に歌うのですが
キーが低い為か娘役さんの声しか聞き取れない。
真風君は聴こえる音と聴こえない音が交互に押し寄せるので歌詞がわからない(笑)

そんな感じではありましたが、「パッショネイト宝塚」
遠征中に既に聴く度に心拍数があがる程の名曲になりましたので(笑)、
星組ファンの皆様ならたぶん大丈夫デス(爆)
みんなも凄く頑張ってるのが伝わってきて、次の観劇が楽しみでなりません

ちなみにロスグロの方の曲は、文句なしの素晴らしい楽曲揃いで
ちえさん演じるイヴァーノ様は、興奮でワナワナする程(笑)聴きごたえがあります
紅さんのソロ曲もおすすめでして、紅さんがひとり上手に登場しただけで
胸がなんだかきゅーとなるんです。

お伝えしたいこと山盛りではありますが
せっかく頂いたコメントにレスすら出来てなくてスミマセン
明日は倒れる前にレス頑張りますっ(笑)ではではおやすみなさい

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/07/25] |  ロストグローリー | コメント(2)
ドラえもーん!!泣きついてもいいですか。。。
残念ながら、現実から逃げだすワケにいかないので
探し出される前に(笑)、今日は普通に出勤してきました。

8月にあと1回は、大劇場遠征予定あるんです。
でもっでもっ、めちゃめちゃ眠い頭で、
もう1回増やせないか一生懸命考えてしまっています

東京公演のことを考えたら、会社をこれ以上休むワケにいかず
理解ある家族もこれ以上はと思うと、とても言い出せず
先立つもののを考えると、EXカードでちえさんのもとに飛んで行くことも出来ず
(なんでカード作ったのかって言われると、答えようもないけど笑)

でも頭の中を「パッショネイト~♪まるで花火が~♪」って
ちえさんのめっちゃエエ声がこだましまくってて(笑)
早くその声がまた聴きたくって、気が狂いそうです(笑)

黒塗りでイカした夏男なちえさんのお顔を思いだすと
ひと夏の恋に落ちたみたいに熱に浮かされた自分がいて
ちえさんに会いたくて会いたくて、兵庫県宝塚市まで猛ダッシュしたい勢いです(笑)

ドラえもんがのび太君だけのものなんて許せないよぉ(笑)
とりあへず、明日がやばくなる前に寝ることに致します。。。。
おやすみなさい

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/07/23] |  ロストグローリー | コメント(1)
 | トップページへ |  次のページへ
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

『柚希礼音ディナーショー』DVD

icon icon

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新記事

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。