FC2ブログ
ザック語り~その4~
なぜかイヴの夜に2件目の記事を書いてます(笑)

↓そしてブログをのぞきにきて下さる方の理解は得られないと思うのですが
 好きに書いてしまってます。。。。(汗)スミマセン。


<ザックとフォーリー軍曹>
一番、石田先生に不満があるのがフォーリー軍曹の描き方でして
男は背中で語るみたいな美学がないんかいって、つっこみいれたくなります(笑)!!

かなめちゃんなら、そっちの方がビシッと決まると思うだけどなぁ。

「ベトナム戦争を経験しているフォーリーは、死と隣合わせで本当に殺されかけるような経験や、
 祖国の為なら女子供であっても銃を向けるような場面ももしかしたらあったのかもしれない。

 そして空母艦のパイロットという防衛の要となる任務をこなし、戦場で生き残るには、
 それに見合った十分な能力と忍耐力かつ協調性等、全てを兼ね備えなければならない。

 海軍士官はエリートであると同時に能力を満たさなければ
 それが死につながることも知っているフォーリーだから
 誰よりも厳しく士官候補生に接するのではないかと思っています。

 訓練を通じて士官としての職務を全うできる人間を育てることも愛であると同時に
 それに満たない人間を振り落とす(DORさせる)こともフォーリーの愛であると思うんです。」

ってのは、私の理想でして、あまり石田先生の脚本からは感じません(爆)


ザックがシドの死を知って、フォーリーに勝負を挑むシーン。

ザックが「DORする」と宣言しますが、彼にとってのDORの重みをわかっていたからこそ
フォーリーは、男と男の決闘を受けたのだと思いますし、それは誰かを脱落させるためでなく、
候補生ひとりひとりと真剣に向き合っているからだと思うんです。

そしてザックは、シドの死の直接の原因がフォーリーでないとはわかっていると思うんです。
それでもフォーリーにぶつかっていくのは、彼が友の死という大き過ぎる哀しみを乗り越えようと
したときに、初めて心をさらけ出して、フォーリーという人間に甘えたんだと私は解釈しています。

人に甘えることって、とても難しいことだと思うんです。
ザックにとっては、それが成長そのものだと思うんです。

フォーリーという男の胸を借りるからこそ生まれる男の美学を感じたいっ!!

だから、2人の決闘の際に、負傷した目をねらわなかったというエピソードを
無理に入れなくて良い気がするんだけどなぁ・・・。


でもフォーリー軍曹が士官候補生ひとりひとりに向き合って
愛を注いでいるのが良く伝わってきて

しかも、デラセラをいたぶるかなめちゃんの踵落としが
めっちゃ足長かつ半端ない迫力で(笑)

しかも、卒業式のザックとフォーリーの2人が
映画よりもステキで♪

しかも、ラスト、新学期のかなめちゃんが目を細めて
笑顔でサングラスをくいってするしぐさを観ると

まいっか♪

ってなってます(笑)


実は、フォーリー軍曹のソロ曲のポイントが何処にあるのかもいまいち理解できていないので、
めいか様のブログ等もお邪魔して、かなめフォーリーの気持ちをしっかりつかみたいです♪

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/25] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(0)
ザック語り~その3~
みなさまぁ、メリクリで~す(。・ω・。)ノ

今日の星組公演は、クリスマスバージョンだったのかなぁ!?
劇場に行きたくてたまりません(笑)

私はこどもの頃、クリスマスのお祝いをしたことがなくて
クルシミマスって呼んでました(汗)
(祖父が菓子屋で、毎年徹夜でケーキの箱折りしてました・・・ハハハ)

大人になりましたがあんまり進化してませんーー!!
デザートはいつもと同じしょうゆ煎餅だぜーー(笑)


さてさて、ちょこちょこ「愛旅」の解釈を書いていますが
できれば千秋楽前に理解を深めたいのでご意見があればいろいろ教えて下さい♪
(そこまで必死に観なくても・・・・笑)


<ザックとポーラ>
2人が一夜と共にした翌朝に
ポーラがザックに「都合のいい女になってあげる」って言うんですけど
ここで、ゆずのしんは毎回、衝撃を受けてます(笑)

士官候補生だから近づいてきたんだろうと少なからず思っていたのに
ポーラから、予想もしないような言葉を訊いて

「見返りを求めない愛が存在するのか?」って
ザックは、戸惑っていると思うんです。

そして、ポーラが遊びで恋をするような女性ではないとわかっているから、
この言葉にザックへの愛があることを知るんだと思うんです。

ちえザックの驚きと戸惑いが
大きな舞台なのに細やかに伝わってきて切なくなります( ´・ω・)。

でも孤独だった人間は、初めて知った愛を失うことを極端に恐れていて。

「ポーラは切った。」
「愛なんていらない。愛なんて面倒くさいだけだ」


だって愛を失うくらいなら、
愛を知らないままの方が百倍マシじゃー!!!


って、なってるんじゃないかと(笑)。

でも既にポーラを愛してしまっているからこそ
ザックはポーラを遠ざけようとするんだと思います。

ポーラがザックに
「傷つく覚悟できてる?」って尋ねるシーンがありますが

ただでさえ心は傷だらけで生きてきたのに
これ以上、誰かに傷つけられたら、立っていることも出来ないよ。。。。

って、私が(えっ)ポーラに心の中でつぶやいてます(笑)

私が必死でこの物語に食らいついているのにはワケがあって
ザックがちゃんと人間として成長して、ポーラを迎えに行くのが羨ましいんです♪

私は、まだ傷つく覚悟が出来ていなくて
大きな壁を乗り越えられません。

観劇は最終日の1日。

ちえザック君、私にチカラを下さい(´・ω・)


<ポーラのおとんについて>
出てこないんですが、ポーラにはちゃんと父がいます。

ポーラの母は士官候補生に恋をして、ポーラを身篭ったまま捨てられてしまうので、
ポーラとは血のつながらない義理の父ということになります。

そういう背景がある中、ポーラはザックを自宅に連れていきます。
ザックは、ポーラの家族に歓迎されない状態で食事を共にしますが
その時にポーラの出生の事情を知るのです。

ココはとても重要なシーンだと思うのですが
思いっきり省略されてしまって、残念です。

「執着し過ぎると遠ざかる幸せ」の歌は、なくていいので(爆)
石田先生にここを描いて欲しかったなぁ。。。

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/25] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(2)
星組クリスマス観劇会
tree_20101223223015.jpgtokyo_20101223223015.jpg

chi.jpgait.jpg


今日はもうすぐクリスマスということで、真っ赤なコートで劇場へゴー♪

イベント日でしたので、裏表に星組メンバー23名の写真&サイン入りの
クリスマスカードをいただきました♪♪

めがね紅さん、クールかなめちゃん、キメキメしーらんの写真が
お気に入りです♪♪


ちえちゃんからは、燕尾のセリ下がりでロング投げキッスと
パレードではウインクもあって、サービス満点っ(*´д`*)ノ

ともみんとしーらんのアドリブでは、デラセラがアルの手相を見てました(笑)
デラセラによるとアル君の手相はなかなかのようです♪


後半になってショーでのちえちゃんが、本当に素晴らしいです。

日本物のショーでここまでステキなちえちゃんを見れるとは
ファンの1人ながら、予想していなかったです(笑)

もっと宝塚の日本物ショーって野暮ったいイメージがあったのですが(失礼・・・)
セット・歌・踊りどれをとっても「おけさ幻想」が特に秀逸です。

ちえちゃんの緩急があり繊細な動きと
現代的な艶っぽさが際立っていますし、

星組の群舞がダイナミックなのに美しく揃っていて、
まるで日本海の波が押し寄せ、しぶきとなっていくよう。

それにちえちゃんの歌は、
民謡を歌っているはずなのにドラマチックなんです♪

ソロはないですが、太鼓が鳴ると
星組ファンとしては、キタキター(笑)ってテンションになれますし


私は、おけさLOVEだーーー(笑)


それから、今回のフィナーレデュエダン♪♪

御織ゆみ乃さんの振付は、
男役がカッコ良く見える要素が詰まっていて大好きなんです。

私はストリートダンスをしていたので
宝塚でアングラ系の振付を見るとニュアンスが異なり違和感があるのですが

御織さんのダンスは、モダンバレエをベースにしながら
それを古臭く感じさせない感性とヅカ乙女のツボ(笑)を心得ていると思います♪


太王四神記のデュエダンも大好きなのですが
今回は、2人の過ごした時間が作り上げた自信を感じる内容ですよね~!!

特に、真正面を向いたまま、ちえちゃんがねねちゃんに右手を差し出し
ねねちゃんが手を添えた瞬間に

がっつり、ねね姫を見つめるちえちゃんがステキーーー(*´∀`*)!!

そして、やっぱりやっぱりきゅーっって一瞬抱きしめるところの
ねね姫のシアワセそうな表情とちえちゃんの情熱的な表情にきゅんーーー(* ´Д`*)!!

銀橋では、まさかのダッシュで駆け抜けだけど(爆)
センターで、ちえねねが両手を握って笑顔で見つめあうのがカワイイッ!!

そして、あの真っ赤なステキ衣装、中日に持ってって欲しい・・(笑)

ちえねねデュエダンの中で、イチバン好きかも~♪♪



千秋楽まで、あと3日です(´・ω・`)

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/23] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(4)
出待ちの才能がナイようです
今日はマチネ観劇の後、出待ちに挑戦♪♪したものの・・・

↓ 先に言っておきますがヒドいです(笑)




NEC_0004.jpg

才能ナイと思う(爆)

あっさり諦めて、大人しく見送ることにしました(笑)
眺めてるだけの方がちゃんと顔見れますしね♪

今日の柚希礼音さんは、帽子サングラスなしで嬉しかったです~(*´∀`*)
黒いパンツにカーキ色のアーミー調ロングコートでした♪

コートは、ザックを意識しているに違いないですよね~!!
車からも笑顔で手を振っていて、カワイかったです♪♪


今日の出待ちで見れたのは

涼紫央さん、紅ゆずるさん、にしき愛さん、音花ゆりさん、鶴美舞夕さん
水輝涼さん、壱城あずさん、美弥るりかさん、真風涼帆さん、如月蓮さん、
天寿光希さん、直樹じゅんさん、芹香斗亜さん、十碧れいやさん、磯野千尋さん

ですっ♪♪


明日23日は、『愛と青春の旅だち』発売日ですが
キャトルレーヴでは、もう発売開始してまして心が揺れ動きました(笑)
友の会カード持ってなくて良かったかも・・・・(笑)

キャトルのちえちゃんグッズコーナーはあんまり売るものがないらしく、
今回の公演グッズやイラスト柄マグネットセットが無理やり置いてあって
買いに来たお客さんがぶつぶつ文句言ってました(汗)

せっかく公演期間中なのにちえクマタオルさえ品切れなんて、
宝塚歌劇団、商売が下手すぎるぜーーー(笑)。


それから、宝塚GRAFE1月号をチェックしてきました♪
各組のトップさん(&娘役さん)が重さを当てるコーナーがあるのですが

いちいちキメキメのちえちゃんがすっごくカワイイので
ぜひ買ってください(オマエが買えって話ですが・・・)♪


豆をつかんで、カッコつけるトップスター

が堪能できます(爆)。

私は立ち読みで笑ってしまい
店員さんに目をつけられて、ゆっくりは見れませんでしたが(汗)
他の方もそれぞれの性格が出てて面白かったです♪

お金持ちになったら、グラフ買いますので待っててね♪
(誰に向かってなのか不明)

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/23] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(2)
ぐんぐん成長中♪♪
今回の公演では、なんだかいろんなメンバーの成長を空気で感じてまして、
星組、充実してきたと思います♪

他組を観劇すると
「歌ウマイなーーー(羨)」という感じだったのですが(笑)

コーラス良くなってきた気がするーー(*・∀・)♪♪

ロミジュリ効果かなぁ!?


それに星男のキラキラ度が上昇してる気がするーー♪♪

特に若手のオトコっぷりが上がったのを
舞台からヒシヒシと感じます♪
ハプ剣の頃と比べると段違いに変わったよーーー(´ω`*) !!


壱城あずささんのオラオラ具合(笑)
⇒なぜか和物ショーでもオラオラしてる(爆)

天寿光希さんは立ってるだけで色気が漂う
⇒理由がわからないけど、モテオーラ全開(笑)

真風涼帆さんの銀橋渡り♪
⇒数ヶ月前まで、若干オドオドしてたのが嘘のよう(笑)

夢乃聖夏さんの落ち着きっぷり!
⇒イイ意味で勢いだけだったような気がしてたのが(笑)
 余裕も出て来て、周囲とのバランスを考えてステージに立ってる感じがします♪

特に今回の燕尾は、ポーズが自由なのかな?
みんなが思い思いにキメてくれるところがあって個性が出てて良いっ♪

ココ何処見ていいかわからんのですよね。
みんなを見たい~!!



今日は中日配役でましたね♪

愛旅期間も残りわずかなので、
落ち着いてから中日バナシしようかと思います~!

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/22] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(4)
ザック語り~その2~♪
え~~、ほぼ自己満足ですみません(笑)



<ザックはなぜ要領が良いのか?>
ザックは、ブーツとバックルの闇取引(笑)をしたり
フォーリー(検査)の前では、素早く服装を直したりと要領が良いところがあります。

幼い頃に母が死に、父は酒と女におぼれていた状況にあったザックは
親から生き方を学ぶことができなかった。

子供であっても自分自身でうまく生きる術を常に考えるしかなかったから
なのではと思っています。


<勝手に思っているザックの魅力>
嫌な奴オーラ全開のザック君は

ペリマンにも喧嘩売ったり・・・・

あっ、ちなみにデラセラのお尻の蹴り方と
ペリマンに毒づく「ブーツ磨きでもしてろょ」の語尾がスキです(笑)

出会ったばかりのポーラにも
「所帯じみたオンナだ」
などとズケズケ言っちゃうような人ですが

ザックは、その時の自分に正直に生きてます!

そこがスキ。(きっとポーラもそこに惚れたハズ・・笑)


孤独の塊のような人なはずなのに
媚を売って他人のご機嫌をとって、愛を得たりはしないところが

ザックの魅力です♪♪

まぁ実際に会ったら、嫌なヤツだと思うんだろうけど・・(爆)

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/20] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(0)
SS席最前列 (゚Д゚*)
本日は、なんとSS席最前列で観劇してきました(*´∀`*)

母から、誕生日に1公演をプレゼントしてもらったのですが
貸切公演の届いた席が奇跡の最前列でした(涙)。

この幸せにファンの皆様になんと言い訳して良いかわからず
ブログに書けずにいました。。。

星組ファン・柚希礼音さんファンの皆様
貴重な1席をゆずのしんが占拠して申し訳ないです(´Д`;)

昨晩は、興奮して(笑)なかなか寝付けず
寝坊して観劇出来なかったらどうしようと不安になり夜中に目が覚め、
目覚まし時計を何度もチェックしたりしておりました(汗)



無事に東京宝塚劇場に着いて、した事は・・・

当日券の購入です(笑)

そうです。1階最前列と2階最後尾(立見)席のダブル観劇です(*`・ω・)ノ
あんまり、こんなことする人いない気がします・・(笑)


<最前列だと・・・>

視界に舞台が入りきらないっ!!!
上手下手を見ようとすると隣の人の顔を見てしまう(笑)
足元5センチくらいは見えないっ!!!
ドライアイスの冷気を感じる(ショーの雪の場面)
セリ下がりの時、ちえちゃんが地面に埋もれていくっ!!
階段降りの時にまるで自分に向かって降りてくるように見えるっ!
歌声がマイク越しでなくリアルに聴こえる。
唯一、邪魔なものが指揮者の塩田さんの頭っ!!


とにかく、こんなにも観え方が違うのかびっくりしましたーーー!!!


一番衝撃的だったのが

驟雨のシーン、ちえねねが銀橋で背中あわせになり
二人がぶつかってしゃがんだ瞬間に・・・

ワタシの目の前にちえちゃんが見えて(しかも顔がちっちゃい♪)


すっごくいい匂いがしましたーーーー( ;∀;)


しっかし、ええ匂いやったなぁ・・・(笑)



れみたんがチョンパでもフィナーレでも真ん前でしたが
私に向かって、超にっこりしてくれまして♪♪

ともみんもフィナーレの銀橋でめちゃめちゃ大サービス
視線をぐさぐさぐさ下さいまして
なんでなのかというと多分・・・

デラセラとお揃いの赤いデッカイ眼鏡をかけてたからだと思います(笑)

ちえちゃんからはほとんと斜め方向でしたので
わずかでしたがちょこっとだけは目があったと思う。うん。多分(笑)。


ショーやフィナーレの時は嬉しくて涙ぐみましたが
ミュージカルは、邪念が多過ぎて(笑)ストーリーには集中出来ませんでした(笑)

一番、感動したのは、燕尾で皆が階段を降りるところです!
この世にこんなステキな光景があるんですかーーー(´;д;`)????


って位、宝塚ファンなら涙ものの素晴らしさです。

自分に向かって最高にステキにキメた星男たちが
ぐんぐん迫ってくるという有り得ない景色に心拍数がぁぁぁあ。。。。(*´д`*)

SS席最前列アングルバージョンブルーレイが発売されたら
間違いなく買いますっっっ!!!!


<あまり書いてなかったアドリブ報告です>
今日の「愛と青春の旅だち」では、
フォーリー軍曹がザックの刺青隠しを剥がして投げるところで

みやるりちゃんの目の前に飛んできて、ついキャッチしてました(笑)
隣の真風さんとみのりちゃんにいるっ?と目で訊いて、断られてましたけど(笑)

夜公演では、真風さんがキャッチ♪
あそこって、いつもキャッチしてたのかな(笑)?

それから、夜公演に、鶴太郎さんがいらしていたらしく
じゅんなカウボーイからの紹介もありましたよ♪

じゅんなちゃんと塩田さんの掛け合いは
いろんなバージョンがあって、

先日は、塩田さんが(小道具登場・・笑)受話器をとって、
時間がないって連絡があったとか

じゅんなちゃんの歌に(歌ののど自慢?)鐘ひとつしか鳴らなかったり(笑)


それから、「性悪オンナにご用心」の終わりに
デラセラが足踏みをひとり続けてるいるところは
ザックが冷たくデラセラを見るだけのつっこみでしたが

新人公演でのアレンジが採用された模様で

フォーリー軍曹が杖でデラセラをつつくように変わったのですが
昨日からは、ほっぺたまでプニプニし始めました(笑)


そして、ザックを励まそうとするシーンの前に
アル(壱城さん)とデラセラのからみが微妙に毎回違います。

毎回違うので、書くの断念・・・(笑)
つっぱりしーらんがデラセラを何気に可愛がっているのがツボです♪♪


これは、内緒ですが・・・
社交委員会のパーティで、ねねれみまりやちゃん3人が踊るところ
まりやちゃんのスカート下もちゃんとブルーでしたっ(笑)!!


あと、驟雨でちえちゃんが着物の裾を捲くりますが
今日は、豪快に捲くり過ぎて太ももまで全開です(笑)



ふくらはぎから太もももめっさ男前です・・・(笑)
[2010/12/19] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(6)
ザック語り~その1~♪
というわけで、ザック君について書いてみようと思います♪
(長くなりそうなので、ワケます・・・笑)

勝手な解釈なので、違うっと思う方も多くいると思いますが
怒らないでいただけるとウレシイです(汗)


<ザックの夢>

ザックの子供の頃からの夢は、海軍士官となりジェットに乗ること。

母の死を悼むことすらしなかった父への恨みが
海軍兵であった父の上官(空母艦のパイロット)となるという夢に
向かわせたのではないかと思っています。

親からの愛を受けることもできず、
友達もできずいじめにあうことすらあったザックは
自分で自分を守るしかなかった。(その為に空手を覚えた。)

そんな不遇な少年時代を過ごすザックにとって
未来の夢だけが生きる希望だったと思うんです。

今がどんなに辛くても未来になら何かが待っているかもしれないと
心の奥に光を持たなければ、生きてこられなかったのではないかと思うんです。



ザックのセリフに「僕は絶対DORしない。僕は絶対パイロットになってみせる。」
とありますが、そこにザックの少年時代の孤独が詰まっている気がします。

というのは、ほぼ想像なんですが・・・(笑)


このシーンでは、シドとシーガもパイロットへの夢を語りますが
それぞれがそれぞれの思いを抱き夢に向かっているのが伝わってきて
しかもジェットのダンスがぁ~♪ 好きなシーンです♪

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/19] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(2)
舞台を観るときに、特に正解があるワケではなくて
きっと観る人の人生の経験だったり、考え方だったり
そういうものが感じ方に反映されるものだと思います。


めいか様のザック考察を読みまして
自分が高校生だった頃、こんな深く物事を考えちゃいなかったので(笑)

本当にめいか様が学生なのか疑いたくなっちゃいますが(失礼なっ)

私もこれくらい何かに真剣に向き合っていたら
違う今があった気がします・・・(^▽^;)


私も次回、ザックについて書いてみようと思います♪
[2010/12/19] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(0)
ポーラとリネット
chiekuma.jpg

今日は、劇場にタオルを忘れていった為
(といういいワケをしつつ)ちえクマタオルをゲットしました(笑)

コラーゲンは、明日の公演に備えて美肌チャージっです(笑)!?




本日の公演、卒業式のシーン。

ちえザックの投げた帽子のゴールドラインの部分が壊れ、ぶらさがっていたのですが、
かなめフォーリーが素早くちぎって、ちえちゃんが被るときに支障のないようにしてました♪

トラブルがあっても舞台のテンションが変わらないのがスゴイ。。。(。・д・。)キュン




さて実は、私は大学生の頃
休日になると航空自衛隊に飛行機を観に友達と足を運んでいたんです。

友達がパイロットに憧れていて・・・
ええ。。。。そのまんま、ポーラとリネットです(爆)
(海上自衛隊ではないですが)




泣くこともありました。

コタツの中に2人寝転んで
恋に傷ついた友達を慰めながら、朝まで飲み明かしたりしてました。

でもですね。スゴイんです。
その友人は、今はパイロットのお嫁さんとなって3児の母です♪


自分は、女の子的な夢の描き方が出来なかったので
パイロットのお嫁さんになりたいと素直に言える彼女のことが大好きでした。

彼女は一生懸命、恋をしていて決して性悪なんかじゃなかった。

だから、ポーラとリネットを観るとき、
青春の日のことが思い出されて切ない懐かしい思いがします。




残念ながら、私はザックのような人で(笑)
全く恋愛する気がなく、愛なんて信用ならねーって感じで
友達につきあっていただけでしたが・・・

今思えば、ねらっておけば良かったなーー(爆)

心のソコから残念です(笑)
[2010/12/18] |  愛と青春の旅だち | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページへ  | トップページへ |  次のページへ
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示