スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] | スポンサー広告
宙組『王家に捧ぐ歌』 と私のジェラシー
遅ればせながら
朝夏まなとさんトップ就任おめでとうございます(*´▽`*)ノ

まさか、まあ様のお披露目をあちらで観ることが出来るとはっ!!
再び大劇場の空気を再び吸うことが出来ました。
やっぱり宝塚大劇場っていいですね+.(・∀・).+

東京だと、ハレの日に観に行くみたいな感覚なのに
向こうだと宝塚が生活の一部みたいな感じでお客様が劇場にいらしてて
その暮らしに溶け込んだ空気感がたまらんのですよね。
大劇場にいると、その「空気感そのもの」が私にとっては夢みたいで
気持ちが華やかになるのデス(`・ω・´)

舞台も、めっちゃ良かったです(* ´∀`)

『王家に捧ぐ歌』は宝塚の良さを改めて感じる作品で、
全く臆することなく愛を語ってる事になんだか宝塚の底力を感じた次第です(笑)
外部の舞台は現実や真実を直視している気持ちに私はなる事が多いのですが
宝塚はどこか愛を夢夢しく描いてて、その潔さにひたすらうほーってなってました(笑)

まあみりの2人もとても素敵なコンビで
カフェブレイクのまあみり「まぁさまといっしょ」を見て楽しみにしていたのですが
舞台でもお互いを信頼し高めあえる関係が既に築けているのかなって思うほど!
「愛」をきちんと表現できる2人だと感じたので、これからも楽しみデス。
それにしてもみりおんちゃん、可愛くなってて
おばさんはデレデレです(笑)

そして正しい観方なのかわからないんですけど(笑)
第一幕で、ラダメスとアイーダが平和を訴えていて
正論なはずなのに多数の中の少数であるが為にめちゃKYにしか見えなくて(爆)
それなのにファラオのひとことで、全てがくつがえった瞬間に妙に感動(笑)

ファラオってめちゃふところ深くてかっこいいなって
ラダメスの描こうとする未来にチャンスを与えることができるって凄いなって感じました。
そして、ファラオ役の箙かおるさんが宙吊り状態にされる姿にハラハラしつつ
そのチャレンジ精神に感動(笑)

そして、アムネリス役のうららさん、歌に課題があるなって思いましたが
このアムネリスという役が一番好きで、主役アムネリスなんじゃないって思うほど
かっこいい役なんです(`・ω・´)
愛する者を自らの手で処刑する苦しみを受け入れ
自らに課せられた宿命から逃げることなく務めを果たそうとする心意気
そして気高き彼女が自らの信念をくつがえし、愛する者の思想を受け継ぐって
泣きそうだったよね(笑)

ラダメスがアムネリスに向って
「戦うことで目の前の問題から逃げようとしている」というような台詞があるのですが
これまたパンチのきいたひとことで、政治的観点からも面白いなと思える作品で
面白かったなぁ(* ´∀`)

フィナーレもめちゃフレッシュな印象で
新生宙組って感じがしてわくわくどきどきでしたが
とても衝撃的だったことがあったんです。

ウワサには聞いておりましたが、本当に本当に
あまりにも真風くんの踊り方がちえさんに似てきていて
もしちえさんがこの振付を踊ったら、この角度でここまで腕あげるとか
ちえさんのヒップロールの腰使いにいたるまですんごい似てて
めちゃめちゃ動揺したんです。

真風君が成長をとげる度にこんなに出来るようになって・・・(泣)と
これまた近所のおばさん的に嬉しく思ってきたわけですが
さすがにここまでかっこよくなってくると私には脅威(爆)でしかなく
なんだかジェラシーを感じてしまったわけでございます(汗)

さみしかったんです。。。
ちえさんファンの皆様が真風君がかっこよくなったと騒いでいたのが。

みんなが男役を卒業したちえさんから離れていってしまうような気がして
さみしいんです。

宝塚はそうして今まで、築かれてきた世界だから仕方のないことなんですけど
真風君がちえさんの背中を見てくれてたんだって、ちえさんの血が流れてるっていう
喜びと切なさが入り混じってます。

でも人事異動はいつも嵐を呼ぶものですが、この舞台で
真風君が宙組の2番手として、迎え入れてもらえていると感じて、とても嬉しく
私もこれからもささやかではありますが(→基本B席担当笑)、
うっかり惚れないようにしつつ(笑)応援していきたいなと思っております(*´▽`*)ノ


昨日は、ちえさんにお会いすることができたのですが
私にとっては昨日こそがちえさんが宝塚から卒業する日のように思い今まで過ごしてきたので
そして実際にめちゃめちゃ寂しくなってしまってて(笑)
ただ今、ミスチルのHANABIを聴きながら、暴れてます(爆)

そんな荒れ模様の中
明日は花組観劇デス(笑)

切なさも寂しさも乗り越えてみせます。
おやすみなさい゜(゜´Д`゜)゜

スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/13] |    宙組 | コメント(2)
宙組ベルばら いい加減な観劇感想
久しぶりに東京宝塚劇場の空気を吸ってまいりましたー(笑)
この劇場に向う時のほんわかな幸せ感がいいですよね

ちえさんの公演期間はあまりに必死過ぎて、幸せに浸る余裕がナイんですけど(爆)
ちえさまに向かって猛ダッシュな日々も大好きです


berubarasora.jpg
まずは、取り急ぎのダメ出しですが

お産の実況中継いらないから、
とっととかなめを出せーっ(・∀・*)ノ

子供時代のオスカル描いた割に
子アンドレ非番とはどういう了見じゃー(・∀・*)ノ

あとは、オスカルの姉妹たちがぎゃーぎゃーうるさすぎるのと(辛口でスミマセン)
衛兵隊との出会いからの三部会の流れが微妙過ぎて、ここでパンと剣の場面こないのね
っみたいに私はなってたんですが、文句はいろいろあるものの(笑)

なんか 斬新なオスカル編 って感じで楽しかったデスっ(*´▽`*)ノ

愛するフェルゼンもオスカルの運命になくてはならないアントワネット様さえも
全く出てこないのに物語はちゃんと成立しちゃうところが、凄かったし(笑)

何が嬉しかったって、原作にあるジェローデルのあの台詞が登場したんです(衝撃)!!!!

あたたかい暖炉に背を向けるのはなんちゃらかんちゃらのヤツですっ(いい加減っ)
原作読んだの何十年前のことが思い出せないくらいなのですが(笑)
ここでオスカルが薔薇の花弁を咥えているところにすかさずジェローデルが
「なんでばらを噛むのですか?(大意:そんなに背伸びして生きているのはなぜだ?)」って
つっこみいれてたのが忘れられなくて(笑)、ずっといつか舞台でやって欲しいって
思っていました(笑)
但し、薔薇はむはむは舞台ではやってくれなくて、暖炉の台詞だけだったんですけどね

私が書くと雑ですがここ凄くいいシーンなんですよっ(笑)


アンドレとの関係の描き方が希薄だったこともあり
ジェローデル >>>>> アンドレ

くらいに ジェロ様が出てくる度にいい男 だったのですが
反対にアンドレがちょっと根暗な付き人みたいなくらいの関わりしか
1幕では感じとれなくって、それが凄く勿体ない気がしてまして
この三角関係が非常に面白いのに最大限に生かし切れなかった残念感は
お家に帰って、ちえテル特出のベルばらDVDで発散致しました(笑)

ちえテル特出版は、オスカルとアンドレの萌えからみが
あんなにいっぱいあったのに、てるキタバージョンも楽しみにしてたのに
本当、なんでアンドレとからませてくれないんだようっ

まぁその不満を払しょくしてくれたのが
フィナーレの てるキタデュエダン ですっ!!!!!
それはもうよだれでそうなくらい素敵だったデス
なんかづっくんがてる君の首食べてた気がするけど、気のせいですか(笑)?

それから黒燕尾の流れもめっちゃ素敵で、フィナーレ楽しすぎて
詳しく思い出せないんですけど(笑)、キタテルまぁ君で並んでた時
なんか3人の並びがとてもとてもしっくりきて、キュンと致しました
私が観た黒燕尾のかなめちゃん、金髪オールバックだったのですが
他のバージョンもあるのかな?

それから忘れてはならない ペガ子
予想以上の性能で、その羽ばたきに真剣に見入ってしまうくらいによくできとりますっ(笑)!!!

もうそれが当たり前のように
ペガ子を乗りこなすかなめちゃんが神々しくて
笑ったりなんてことは全くもってなかったことをここに記しておきたいです!!

今日は、アンドレが銃に打たれるシーンで、「アンドレーアンドレー私のアンドレ」っと
この公演で初めてかなめちゃんが叫んだらしくて、あまりに自然で観劇時には
そんなに意識してなかったのですが、なんだかちょっとお得な気分になりました(笑)

うちのおかんもベルばらはもういいと文句言ってたのに
帰りはご機嫌で、ベタ褒めしてきまして、本日は大満足の一日でございますっ


明日のお休みは出来たら、ヅカスペ担当の
石田昌也先生にお手紙書きたいと思います(爆)
ではではおやすみなさい



テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/07/06] |    宙組 | コメント(1)
宝塚友の会への愚痴
宙組モンテ、無事当選デシタ(*´▽`*)ノ
安定のB席ですがっ(笑)

ただ宝塚友の会のシステムが変更になってから
当選したのは、月組ベルばらのみ(´・ω・`)

宙組は無事当選してほっとしましたが
一次抽選はもちろん、S席申し込みした公演は当たらないので
ランクが下がってしまっています。

会員になってからSS席は一度も当たったことがないし
雪組ベルばらの抽選も外れたというのに
先着先行発売は会員でない方も購入できるんですよね。

購入画面がある場所もわかりづらくて売る気があるのかさっぱりわからない(笑)
いまだにトップページから5回以上クリックしないと一般発売オンラインに辿り着けません(汗)

私が歌劇団の人なら、公式HPのトップに
「チケット購入はこちら」のオンライン画面へのリンクボタン作るんだけど。。。

初めての人がHPに訪れたとしても
買っていただけるように買いやすいように努力するんだけどなぁ。。。

しかも東京はロミジュリから
一次抽選申込み枚数が1公演につき2枚までに変更になったようで
ランクの低い私はますます当たらなくなるのだと思うと

千秋楽や新人公演は、いつも当選する人の手に渡るようになるのかなぁ。



テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/28] |    宙組 | コメント(3)
銀英伝 初日おめでとうございます☆
今日は、ツイッターをどきどきしながら眺めましたが

かなめちゃん、初日を無事に終えて、
たくさんのお客さんがトップ就任をあたたかく祝って下さったようですね+.(・∀・).+

スーティさんのつぶやきに
「ちえさんがかなめさん会に拍手をして出て来た~感動。゚(゚´Д`゚)゚。」とありまして、

かなめさん会もちえちゃんの出に拍手してくださっていたとのツイートも
みかけたりして、なんだか胸アツです(゚´Д`゚)



子供のころ(だいぶおっきかったけど笑)、NASAに入りたいっと
「宇宙誕生」みたいな本を必死で眺めてたのですが
きっとそんな私はスペースファンタジーにハマるんじゃなかろうかとドキドキ(笑)

そして新生宙組の皆さまのかっこよい軍服姿を想像するだけでよだれが(笑)
軍服ラブーーっ♪て家で叫んでたら、うちのおかんがあれは宇宙服じゃないのかと指摘を・・・

かっこよければどっちだっていいよ(笑)

内容は全く知らないのですが、人物相関図の役画像の完成度の高さに
にやにやしております(笑)脇を固めるメンバーも凄すぎる!

個人的には、悠未様、緒月様、ちー様にドキドキしそうな予感
でも海ちゃんもかっこいいし、まぁ君も赤髪が似合っててステキだし
凪七さんのイメチェンぶりにもわくわくするし
かなめちゃんにいたっては、もうラインハルトを演じる為に生まれて
きたんじゃないかくらいの勢いあるしで・・・

ついつい

大劇場のチケット をぽちってしまいました( ̄Д ̄;)

だいぶ勢い余った感じですけど(爆)、
フルールのたこ焼きを今度こそ食べてきます(笑)

劇場窓口で受け取りなので、後戻りはできないぜー(笑)


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/08/31] |    宙組 | コメント(9)
大空祐飛サマの卒業
宙組トップスター大空祐飛さんが今日卒業されていきました(´・ω・`)

星担の私でさえ、観劇のことを思い出すと心に残る作品ばかりです。
銀ちゃんの恋・カサブランカ・ヴァレンチノ・ナイスガイ・シャングリラ・・・
どの作品においても男役大空祐飛を役に透過させる力を持った方で。。。

祐飛サマがいて、そして隣にいつもすみかちゃんが幸せそうにしていて
2人がお互いを信頼しあっているからこそ表現できる何かがあったと思います。
それを支えていた宙組の皆さんにも拍手を贈りたいです。


そしてこんなにも清々しく爽やかに宝塚を去っていく祐飛サマは

最高にカッコイイ と思います。


ステキな舞台を魅せてくれてありがとうございました


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/07/01] |    宙組 | コメント(0)
宙組『華やかなりし日々』 観劇感想
本日のマチネ公演を観劇してまいりました♪

星組以外の組はB席が多いのですが今日は身に余るようなお席で、
オペラ無しで観ることができて、幸せな時間を過ごさせていただきました(*´▽`*)ノ

ミュージカルもショーも素晴らしく
大空祐飛さんの退団公演としてふさわしい作品になっていたと思います。

トップ就任時から既に男役として完成されていた祐飛さまでしたが
前回のクラガイでもうひとつ変化を遂げたと感じましたし
宝塚人生の全てが集大成となってこの公演に表現できていると思うような舞台でした。

以前は陰のイメージがどこかに漂っていてそれが大きな魅力でしたが
もっと内面的な部分で祐飛様に変化があったのかなと思います。
そして内なる成長を宝塚男役としての成長に変えているところに
祐飛様の偉大さがあるのだと思います。

そして長い間男役として舞台に立ち続けたからこそ
表現できる何かを持っている、そう思います。
そのようなスターが今後も生まれてほしい、そう思います。


長くなってしまいましたが(笑)、「華やか~」の感想に入ります♪

なんだかストーリーがステキ過ぎて、最後はボロボロに泣いてました(爆)
つっこみどころはいっぱいあった気もするし、
特に主人公が天才詐欺師とは思えないあさはかぶりだったりするんですが、
もうそんなことはどうでも良くて、いいところしか見えナイ(笑)

あれっ?と脳みそが言うのですが、もう一人の私が無意識につっこみを阻止してしまい
冷静な判断能力がなくなって、ストーリーの粗がよくわからくなってました。
もう細かいところはどーでもいいです(笑)


何が素晴らしいって、この人が演じるからステキなんだと
思える作品だということに尽きると思います。
天才詐欺師の役ということでしたが祐飛さまの魅力そのままが詰まってる。

貧しかった頃の夢の象徴である劇場を手にいれようと画策していたはずなのに
それが自分の計画を妨害するものと知りながら、自分と似ているジュディ(すみ花)に
自分を重ね合わせ、その夢を後押しせずにはいられないロナウド(祐飛)にキュン。

そして、ジュディの幼馴染の刑事アーサー(凰稀)は
ジュディがジーグフェルド・フォーリーズの舞台に立つ夢をかなえる為
ロナウドの逮捕を終演まで待ってしまうことにキュン。

それから、ロナウドがジュディに贈る真っ赤な薔薇を肩に背負って
客席通路から現れ、銀橋からオケピに消えるという詐欺師っぷり?にドキュン(笑)

りんご売りの少年にチップを渡すときに
りんごを受け取らない粋な姿にウヒャァ(笑)

トドメは、最後に祐飛様が舞台を去る姿。

おしゃれ過ぎるぜ、祐飛サマ(TдT)

隣の席の方が長年、祐飛様のファンだった方で教えていただいたのですが
お稽古初日にまだ台本が書きあがってなくて、祐飛様と二人三脚で作り上げたのだそうです。

だからこそ、この作品の演出の端々にはこれぞ祐飛サマッと思えるエッセンスが
たくさん散りばめられているんですね

すみ花ちゃんも花のように可愛らしくて、オーデションを受けにきた
ショーガールたちが頭に本を乗せて銀橋を歩くのですが
なんだろう。トップ娘役ってこんなに凛として美しいものなのだと思って
辞めて欲しくなくて、ただただすみ花ちゃんの可愛さに目を奪われていました。



ショー「Clymax」は、浮ついたところのない大人っぽい落ち着いたショーで
ナイスガイのようにあまりオラオラしていないのですが、
実力のあるメンバーがそろっているとココまでクラシカルに
始まって終えることができるんだと思いました。

どのシーンもステキでしたが

イチバン印象深いのは、一輪の薔薇がバックに描かれた場面。
銀橋に下手から登場した祐飛サマはため息が出るほどかっこよく、
上手から登場したすみ花ちゃんは瞬き忘れるほどに美しくて
その2人がセンターでぶつかりあう姿に息を呑みました。

その後の舞台上でかなめちゃんも交えてナイフで刺すシーンがいっぱいあったのですが
そこは意味がわからなかったです(オイオイ)

燕尾は、ブルーの衣装でゆひすみが銀橋に登場し
そのバックに宙組のみんなが大階段を降りてくる姿が浮かび上がるのがカッコイイ。
母が先に観劇に行っているので、ヴェートーベンの月光が使われていると聞いたのですが
燕尾の美しさとあっていてステキ。

そして、祐飛サマは燕尾服に衣装を変えてせり上がりで
客席に背中を向けて登場するのですが、これまたカッコ良すぎる。

でも私が観たかったのは、大階段を燕尾で降りてくる祐飛サマだったので
ちょっぴり残念でした。
私の希望は、あの場面のかっこよさとは両立できないものなので仕方がないデス。

そして、ラストのパレードは劇場が白く染まって
祐飛サマの大きな羽(青紫の飾り羽が入っている)が映えていて
退団公演っぽい演出がないけれど、この美しい劇場そのものが贐のような気がしました。


私はショーでは泣かなかったのですが、ファンであるお隣の方が
涙をハンカチで抑えているのが見えました。
2日に1回は劇場に足を運んでいるとのことでしたが
最後まで祐飛サマと共に完全燃焼してほしいです。


そして私は今日がマイ初日でマイ楽となりますが
祐飛サマに夢をみさせていただけたことに感謝したいです。
ステキな舞台をありがとうございました(*´▽`*)ノ



テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/06/16] |    宙組 | コメント(2)
ドリームジャンボ宝くじ
dream.jpg

夢を買ってきました(*´▽`*)ノ

気づいたのです♪
1億円当たったら、宝塚のS席チケットが11,764枚買えることを(笑)

本当は、宙組公演で行われるドリームジャンボの抽選会に参加したかったからなのですが
もう受付を過ぎているみたいで残念☆

抽選日は6月12日。当たったら、劇場に通いまくります(笑)


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/05/30] |    宙組 | コメント(0)
ちょっとしんみりしております
凰稀かなめさん、宙組トップ就任おめでとうございます

そして、もしかしてもしかしてお披露目公演は・・・


イケメン軍服祭りなのですかっ(*´Д`)ノ?


銀河英雄伝説を全く知らないけれど
悠未ひろ様の軍服姿が見れるのならば
星担だけれど、勢いで通ってしまいそうですっ(爆)





と軍服が超ー大好きな私は、かなり浮かれておったんですが
2時間後にはしんみりしておりました(爆)

hosigumi.jpg
「ハプスブルクの宝剣」直前の星組です。みんなキラキラ。


ちえちゃんがトップになりたての頃、宝塚初心者の私でさえ
星組は戦力が不足していると思っていました(笑)
でも大好きになったのは、星組でした。

少しずつ良い組に成長していって

星組が組として安定してきたころ、
2番手であるかなめちゃんの異動が決まり、本当に衝撃が大きかったのを覚えています。

そして、ともみんは雪組へ
すずみんは退団することが決まって
今日かなめちゃんのトップ就任発表を知って

急にスタートしたばかりの頃の星組が懐かしくなって
このページを開いていました。
なんというか切ない気持ちがします。


かなめちゃんにずっと星組にいてほしかったけれど

トップである柚希さんのファンの私が
みんなにずっとそばにいてほしいと思ってしまうのは
わがままなことだとわかっていたから、
異動後は寂しいと書かないようにしてきました。

宝塚の男役として、この5人それぞれが
たどり着くところがあるのだと思います。


かなめちゃん、本当におめでとう。

新しい宙組を率いて
ステキなトップスターになってくださいね(*´▽`*)


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/04/16] |    宙組 | コメント(3)
すみ花ちゃん退団
すみ花ちゃん退団のお知らせを見て、
ゆひすみは同時がいいなぁと思っていたので
実はちょっとほっとしたりしていました。

宝塚を実際に観る前は、娘役がこんなに重要だと思っていなくて
お似合いの2人が組むとトップ男役はさらに輝くのだと知って
ゆひすみは本当にステキなコンビだと思っていたので
退団は残念ですが、同時で良かったと思っています。
(宙組のこと深く知らないのにスミマセン・・・)

中日劇場公演、観に行けるといいなぁ・・・(> <)


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/01/06] |    宙組 | コメント(0)
ゆうひ様の退団
昨日、宙組トップスター大空祐飛さんの退団発表がありました。

クリスマスにトナカイカチーシャをつけたゆうひ様にノックアウトされた翌日なんて(´・ω・`)

ナイスガイのゆうひ様は本当に今までに増してキラキラと輝いていて、
観劇後にうちの母がまだまだトップでいてほしいとつぶやく程でした。

男役ってステキだなと思わせてくれるゆうひ様の退団は非常に残念でさみしいです。



そして私は、めっちゃ迷ってます。
何をって・・・・

中日劇場を観に行くかどうかです(爆)


カサブランカ以降、ゆうひ様の公演は全部観たものの
さすがに遠征までは考えていなかったんですが
アパショなゆうひ様&宙組が気になって仕方がないです。

私も一緒に 情熱の海を泳ぎたい ですっ(笑)



2012年は星組が4公演も控えているし、
これはもう、年末ジャンボを買うしかないっと思ったけれど
すでに発売が終了していました(笑)

お年玉をもらえるのを待つしか・・・(もっとムリか)

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/12/27] |    宙組 | コメント(5)
 | トップページへ |  次のページへ
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

『柚希礼音ディナーショー』DVD

icon icon

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新記事

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。