スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] | スポンサー広告
恋の翼
aikaku.jpg
昨日は、えみこさんと一緒に
花組「愛と革命の詩」を観劇してまいりました
(*´▽`*)ノ

えみこさんは望海風斗くんの大ファン
花組公演ということで、ふと気づくと顔がにやけている(爆)えみこさんを見ていると
楽しくて仕方ありませんでした(笑)

観劇前に見所はどこですか?って尋ねたら
「全部なので、瞬きしないで観てくださいっ(`・ω・´)」
って言われましたもん(笑)

誰かが誰かを好きーー!!って叫んでいるのって
それだけで幸せなキモチになりますね(*´Д`)ノ


そして観劇帰りにキャトルレーヴでお買い物♪

博多座で、ちえさんの車のフロントガラスのところに
ちょこちゃんのぬいぐるみがいっぱい並んでいることに気づきました。
私も欲しくなって、ちえさんコーナーの前で10分くらい悩んでたんですが
けっこうなお値段がするのでどうにか我慢(笑)

ナポ礼音に会うためにはお金がいるんだよーーっ(笑)


masakosan.jpg
代りにうちのおかんに豹柄のまさこさんをお持ち帰り



REONⅡで、ちえさんとたくさんの時間を過ごし過ぎて
これから次に会える日まで耐え忍べるのか不安でいっぱいデス(汗)

koinotubasa.jpg
恋の翼 博多座行1号機

koinotubasa2.jpg
恋の翼 博多座行2号機

ちえさんにまた会いにとんでいきたいデス゜(゜´Д`゜)゜


スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/04] |    花組 | コメント(4)
おはようございます☆
昨夜は、(ブログリンクさせていただいてます)えみこさんと
花組BASARAを観劇してまいりました(*´▽`*)ノ

今回の舞台、だいもん君演じる佐助がかなりのイケキャラなんですが
だいもん君ファンのえみこさんに

「だいもん君めっちゃかっこよかったですよね~(* ´∀`)?」って問いかけると
「私にそれを聞くんですか・・・(* T-T)」って、

ZUCCA×ZUCAの登場人物みたいになってるえみこさんが
すっごく面白かったデス(爆)

ヅカ歴舞台観劇歴において大先輩のえみこさんにむかって
ほんとすみません(汗)


スカステの番組にちえさんが登場して
雪組ベルばら公演の時のお話をしてくれたそうですね♪
組子全員がメッセージを寄せてくださったとのことで
きっとテル君やまさお君にも送ったのでしょうか。
ほんと雪組のあたたかさに胸アツでございますっ(;д;)

ではでは今日も一日がんばりましょう(*´▽`*)ノ


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/06/28] |    花組 | コメント(0)
花組『戦国BASARA』 ざっくり感想
週末に花組「戦国BASARA」を観劇してまいりました☆

ざっくり感想書きましたが共感得ていただける気が全くいたしません(爆)
私の感性に問題があるような気がするので(笑)折りたたみます。


...続きを読む

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/06/25] |    花組 | コメント(0)
花組BASARAー!!
19f87a5385cd4ad203e9a578e19dc326.jpg

とっとりあへず、予想以上に
蘭ちゃんが可愛くて萌えました(*´Д`)ノ
宝塚の衣装というよりゲームファンのコスプレにしか見えないのですが
ステージスタジオの衣装に加わるのなら、勇気を振り絞って着てみたいっ(笑)

記事に「宝塚ファンが原作のゲームに触れるなど相乗効果に期待したい」とありましたが、
早速手持ちのPS3で出来るゲームを探してしまっているという模範的な宝塚ファンデス(爆)

なんかいろんな意味で少数派な意見な気がしてきた(笑)

うちの母が最近、蘭とむ様らぶのようなので
不安がないわけでもありませんが、未知の世界につれていってみようと思います(笑)
チケットがとれることを祈ってマス!!

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/18] |    花組 | コメント(0)
オーシャンズ11再演
花組で「オーシャンズ11」再演なんですね(汗)

個人的な残念ポイントとしては

(その1)1本物は飽きるので、年2回までにしてほしい
(その2)使い回ししなくちゃならないくらい版権が高いなら
    最初からオリジナルで良かったんじゃないのか?
(その3)蘭蘭コンビを1本物にして、誰得なのかっ?
(その4)つまり蘭トム様コンサートを見に行けってことなのか(笑)?
(その5)やっぱり蘭トム様で観たいのはダニーじゃない(笑)!!


踊る蘭ちゃん好きな私としてはショーが観れないのが残念ですし
蘭とむ様なら、オリジナルで完全宛て書きしてもすごく面白そうなのになぁ(´・ω・`)

このまま演出家に作品を生み出すという本当の仕事をさせないでいたら
これからの宝塚から名作は出てこなくなってしまうんじゃないのかな。

"100周年"が近づいているけれど、普通の公演を普通にすることが
100周年の先につながる気がするのにな。


そして、星組にも再演1本物がきそうな気がしてそのことも気がかり。。。
来年は、大劇場本公演が1度しかなく、年の後半は星組のショーが
全く観れない可能性が高いので。。。



でもとりあへず、蘭とむ様の声でFATE CITYを脳内再生(笑)!
どんなイレブンになるのか想像つかないっ




テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/08/24] |    花組 | コメント(3)
花組『ファントム』 観劇感想その2
花組『ファントム』感想の続きです♪


私の場合、宝塚に関しては、歌もダンスにも甘いんですが
正直、第一部は歌ばかりだったので、ものすごく疲れました(爆)

皆さんとても頑張っていて、きっと難しい曲もあると思うのに
それを感じさせなかった位だったのですが、どうしてなんだろう(爆)
宝塚では歌の分量減らしてくれた方が嬉しいなぁ(笑)

でもでもとにかくオープニングから、
めちゃめちゃテンション上がりましたーー!!

開演アナウンスの前にオケから演奏のプレゼントみたいなのがあるのですが、
クラシックコンサートが始まったのかと思うくらいステキで
トランペットの人変わったのかな?オケ良かったよー♪♪

それにびっくりしたのはオープニングのダンス!
毎回、花組は唯一ダンスが苦手だな(爆)と思ってたんですけど(花組ファンの方すみません。)
めちゃめちゃかっこよくて、これから始まる物語への期待感でいっぱいになりました。

娘役さんが黒いチュチュみたいな衣装を着ているのが
蘭とむのマントの中で一瞬で真っ白に変わったとき
うわぁっと声に出ちゃいましたね。

ステキーステキー(笑)

劇中でも一瞬でエリックが消えたり、超高速せり上がり&せり下がりとか
シャンデリアが落ちるシーンも迫力があって、素晴らしかった♪
びっくりして、あひゃっとかおおっとか3回くらいは声が洩れました(笑)

残念だった演出?は、フィナーレの銀橋が壮さんじゃなかったことデス。
壮さんが現れると思い込んでいたので、ライトが当たった瞬間に拍子抜けしてしまいました。
2番手が銀橋というのが決まりなワケじゃないんですね。


エリック(蘭寿さん)
エリックは、イイ男というような役ではないけど、ステキに演じていて
やはりトップスターって、凄いなと思いました。
オープニングの効果も大きいのかな。なんだかトータルでは、かっこいい(笑)

途中からエリックに完全に感情移入しちゃったのにはびっくりしたけれど
きっと蘭寿さんには、もっと合う役があるんだろうなとは思います。
これからの花組が楽しみですね♪


クリスティーヌ(蘭ハナちゃん)
蘭ちゃんの持ち味が役にあっていないのが残念でした。
愛プレは演技がまだまだという感じでしたが今回の役は更に難しい役どころで、
歌でいっぱいいっぱいなのかもという印象を受けました。

でも歌が上手くなっていて、相当な努力をしたのではないかと思います。
蘭ちゃん、凄いナァ。

残念だったというかもうこれは致し方ないのだけど、まだ蘭蘭コンビがしっくりこなかったです。
これは、私が真飛さんとのコンビを見てるからというのもあるからかな。
宝塚の相手役さんが変わるのを観るのが初めてだったんです。

期待していたデュエダンもぐっとこないというか、まだちょっとよそよそしさを感じます。
全ツなので、観にいかない予定ですが
ルポァゾンの2人がどんな感じになるのか超気になります(笑)

キャリエール(壮さん)
父子との銀橋の場面とか泣き所なんだなぁと思いつつ感情移入できなくて残念。
父だと告白しても、エリック自身に大きな変化がなかったように見えたんですよね。
エリックにとっては、母が重要で、けっこう父はどうでもいいように思えます(汗)

エリックはもともとキャリエールに甘えているように見えていたし
あのシーンの良さがわからず、1度の観劇では父と子の関係が消化できなかったです。

カルロッタ(一花ちゃん)
もーーーー、凄かった!!カルロッタというキャラが完成されているから
舞台が安心感を持って進んでいくんじゃないかというくらいの貫禄がありました。
ベースが可愛いから、背伸びした感じになるんじゃないかと思うような役ですが
本当にびっくりしました。歌も一花ちゃんが一番良かった気がします。

シャンドン伯爵(愛音さん)
オペラ座のパトロンっぽい感じが出ていて良かったのですが
カフェブレイクの映像では、新支配人の役が凄く良さそうでした。
髭も鬘も似合っていて、カルロッタLOVEな感じで、こちら役が観たかったです。

アランショレ(華形さん)
一花ちゃんとの組み合わせが楽しくて良かったです♪
カルロッタの尻にしかれまくっている感じがイイ。



真飛さんから、蘭寿さんにトップが変わって・・・
未涼さんがいなくなって・・・花組の印象がだいぶ変わりましたが
まだ宙組の蘭寿さん特出みたいな感覚になってしまいました(笑)

ファントムがあまりいろんなメンバーと絡まない役だったので
次回作ではがっつり絡んで欲しいです♪♪

f1.jpgf2.jpg

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/09/11] |    花組 | コメント(2)
花組『ファントム』 観劇感想その1
週末に花組『ファントム』を観劇してまいりました♪
お席は2階13列50番台後半♪

過去の宝塚ファントムを観たことがなく
オペラ座の怪人は、ブロードウェイで見て以来(しかも英語なので寝てた・・・笑)
映画も見たけど良く覚えておらず、かなり新鮮な気持ちで観劇しました。



phantom.jpg

全く、想像と違ってました。
私の中でファントムって、おっさんだったので(爆)。

中身が子供のままみたいなファントムでした。

「怪人」という視点よりもファントムの人間としての内面に迫ったストーリーになっていて、
こういう描き方もあるんだと衝撃的でした。

オペラ座を支配しようとし、自分の顔を見られただけで人を殺めてしまったり
クリスティーヌ対する愛も冷静に見ると偏ったものなのでしょうけど
エリックという存在に対してそれを許してるというか
奇異に感じない自分がいる時点で、客観性を失っている感じがします。

たぶん感想もすごく偏っているとわかっていても
自分では整理できないんですよね。

ただただ哀しくて

クリスティーヌがエリックに仮面をとってとお願いする場面で
「そんなこと言わんといてーーーー(涙)」と心で叫んでいたけど届かないっ。
(仮面をとらないと物語が進まないけど・・・笑)

なんでそんなことさせようとするのか信じられなかった。
自分の愛を確かめたいなんて、本当に勝手だと思うけれど
実は、キャリエールがクリスティーヌに「顔を見る」ことを
薦めているんですよね・・・(汗)

エリックの顔を見て恐怖で逃げ出すクリスティーヌを見て、恨みました。

蘭はなちゃん、ごめん(笑)。

一番哀しかったのがエリックがキャリエールに言った
「クリスティーヌは悪くない。
 ただ僕を好きかもと思ってしまっただけなんだ。」
というニュアンスのセリフです。

なんて、人間って残酷なんだろう。と思います。

自分が初めて愛した人に拒絶されるってどれだけ辛いことだろう。
自分を初めて愛しているかもしれないと信じた一瞬が幻だったと知った
エリックの気持ちを思うと

立ち上がれない・・・(涙)


ラストのクリスティーヌの言動(エリックの仮面をとってキスをする)が
愛からくるものではないなら余計に残酷に思います。

生半可に美化しようとしていると感じてしまったのは亡くなったエリックを
皆で見送るシーンがあったからなんですが、無難に宝塚的にまとめようと
しているようで、残念な気がしました。

キャリエールがエリックのパパという設定もいっそう
この物語を哀しくさせていて

オペラ座にしかエリックの居場所を作れなかったのはキャリエールなのに。
全ての状況がキャリエールをエゴイストにしか思えくさせています。

エリックが死をのぞむのは、オペラ座でしか生きられないのだと知っているからだと思うと、
子供みたいなエリックなのに何もかも悟っているかのように思えてしまいました。

本当は、この物語には救われる瞬間があるのかもしれないけど
私は、全く救われなかったです(爆)

エリックとクリスティーヌ
エリックとキャリエール

きっとこれがつながっていかなかったから、
私には花組ファントムのストーリーの結末をきっと消化できていないのだと思いますが

もう泣けただけで、それだけで価値がありました。

多分、自分を重ねあわせずにはいられない何かがあったから。
エリックの為に泣くのは、自分の為に泣いたみたいに感じれたから
哀しいのに幸せな気持ちになれました。

もっと何度も観劇したら、もっと見えてくるものがあるのだろうと思うけど
うすっぺらい感想に終わってしまってすみません(笑)


出演者のこと何も書けなかったので、
ちょこっとだけ続きをまた書く予定ですm(_ _)m

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/09/06] |    花組 | コメント(0)
花組ファントム発売初日
宝塚友の会の抽選で、日程を間違えて入力した上に(笑)外れてしまったので
今日は、花組『ファントム』発売初日に参加しました♪

どうにか希望日をとれて、ひと安心☆
あいかわらずB席です(爆)

この日しか行けないという公演の一般発売は、ドキドキして心臓に悪いよーーー(笑)


カワイクはじけるショーの蘭はなちゃんが見たかったけれど
ファントムは、歌と演技が中心かな。

蘭蘭コンビのお披露目なので楽しみです♪

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/07/17] |    花組 | コメント(1)
花組『愛のプレリュード』観劇感想
先々週末(笑)に花組『愛のプレリュード』を観劇してまいりました♪

お席は、B席13列20番台後半♪
今回は、時間短縮のため、感想短めですっ(ペコリ)



とにかくっ

とにかくっ

真飛聖さんがアツクてサイコーに良かったっ!!!!!

もちろん(笑)、冷静に観ると設定にはつっこみいれたくなるけれど
それを一瞬たりとも許さないほどに

まとぶんと花組のあつい演技に感動させられずにはいられませんでした。



そして、ショーでは、蘭はなちゃんの可愛さに癒されっぱなし
あぁ、かわいい・・・(笑)目が離せない。

一番のマイ見所は、真飛さんと壮さんの女装デュエダンのシーンですね♪
壮さんのドSに間違いない(笑)色気にノックダウン(笑)
髪飾りも素晴らしくて、誰がつくったのかな!?



震災のことをすっかり忘れていた3時間。

いつもは上がらない緞帳が上がり、
組長と真飛さんが震災についてのコメントをされたのですが

そのときの下級生たちには悲痛な思いが伝わるような表情がにじみでて
先ほどまで、私たちに精一杯の笑顔を送ってくれた皆さんの心の奥にも
悲しみがあったのだと思うと涙してしまいました。

そして、真飛さんが最後まで一言も自分の退団のことを口にしなかったことが
切なかったけど、素晴らしい舞台をありがとう!!

募金もしてきました。
母は、近くで真飛さんを見て大興奮!!

間近で見ると超ー顔が小さくて細くて美しい!
おかんは、すっかりファンになってました(笑)

観劇後に真飛さんの映像ばかり見てるので
もう1回連れていってあげたかったけど、母が行けるのが千秋楽の日のみなので断念。





そして今日、ワタクシは

湖月わたるさんも出演する「ELECTRIC CITY」に言ってまいります♪

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/04/20] |    花組
花組「愛のプレリュード」友の会抽選結果♪
最近どの組を見ても楽しそうな母ですが
「麗しのサブリナ」で、すっかり真飛さんも気に入ったらしく
最後の舞台となる「愛のプレリュード」もとても楽しみにしております♪


そんなワケで、とっても珍しく(笑)
今回は友の会でSS席入力もしてみたんですが
当たったのはいつもどおりB席で申し込んだ日のみでした(笑)

まぁ、お金払うのは私なんで、ほっとしております(爆)



お風呂あがったら、本日初日の星組話にまいりま~す♪♪

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/01] |    花組 | トラックバック(0) | コメント(0)
 | トップページへ |  次のページへ
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

『柚希礼音ディナーショー』DVD

icon icon

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新記事

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。