FC2ブログ
『TATTOO14』 観劇感想
昨日、渋谷AXにて『TATTOO14』を観劇してまいりました♪

↓すみません。
 見てない人にわかるような感想ではありません。
 かなり自由に書いてます(笑)





ううううっ!!!惜しいっ!!!って感じです(笑)

出演者7人なのになんで14なの?という謎が終盤で解決されるんですが
そのワケが私的にぐっときました。
あの瞬間、見ている人は自分にも刻まれているTATTOOを感じると思うんですよね。
やっぱりそれってすごいと思う。

ラストの「負ける気がしねぇ」というのもストーリーの〆として良かったのですが
肝心のショーの構成がもうひとさじ足りないという感じがしました。

冒頭でエンディングで魅せてくれたようなショーをがつんともってきて、
7人のかっこよさオンリーで「負ける気がしねぇ」と完全に思わせた上で、
最後の物語のセリフとリンクさせてくれたら

おおおおおおっーってなってた気がします。

冒頭の登場、もちろんかっこよいんですけど、すぐに物語に入るうえに
7人が孤児で・・・という設定が非現実的すぎて
ショーのおまけかな?程度に見てたら結構重要だったようで
最初は気持ちがついていけなかったです。


しかしっ!しかしです!
このチャレンジ精神あふれる舞台が好きだなぁと感じたのも事実で
個性溢れる7人を同じまな板で混ぜ混ぜしたらどうなるんだろ?的な
面白さがやっぱりすごく楽しいんです。
それゆえ、完成度がもっと上だったらと思ってしまったような気がします。

すごくぞくぞくした場面もいろいろあったのですが
水さん・今枝さん・MIZさんの3人で歌った曲(曲名わからない笑)とか
組み合わせが生み出すハーモニーに頭の中がきゃっきゃっしてしまいましたし

サイドにシルビアさんとMIZさんが立って交互に歌うとことか
あまりにステキ過ぎてしびれました(* T-T)


まぁとにかくダントツで

シルビア・グラブさんがかっこいいーー(TдT)!!

歌はパンチが効いてるわ。踊れば超おしゃれっ。

MIZさんもすごくSHOWに向いていると感じました。
歌手は常に己だけで表現してきてるからかな。
RENTで観たときはピンとこなかったのですが、素晴らしかった。

今枝さんも地味に舞台をきっちり支えていてすごく良かったです。
基本ダンサーのようですが、歌も良くてびっくり。


そして、SKY役の中川晃教さんが面白すぎた(笑)
もう身体中から、おれもTATTOO14に混ぜてくれーっって出てて(爆)
一緒に全曲歌いたくてたまらなかったことと思います(笑)

カテコで、どうしてもどうしても我慢しきれなかったみたいで
とうとう即興で「焼肉弁当の歌」を歌いはじめて(笑)

中川氏「にんにく~♪」
今枝「キムチ~♪」
延々続いたあと
MIZ「もうええ加減にせぇ(つっこみ)」

中川氏にゲストとかムリだと思いました(笑)
本当に音楽を愛している人なんだと思います。

水サマはかわいくなってました。
一見ぜんぜん変わってなくて、ヅカ化粧がビューティメイクになってるだけなんですが
やっぱり宝塚を退団すると男役ではない(当たり前)んですよね。

なんだか、彼女にしたいっ♪って感じなんです。
水サマの人柄の良さが前に出てて、きゅんとしました(笑)
男になって水サマをお嫁さんにしたら絶対幸せになると思う(爆)


あー、何が言いたいか不明な感想で申し訳ないですが
このまま小林香氏につっぱしって、どんどんチャレンジしていってほしい
そう思える舞台でした(* ´∀`)

1年経ったけど、書いていないアンパレの感想も
こんどひとことだけでもいいから書きたいです(笑)

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/05/25] |    ライブ・その他舞台 | コメント(4)
ハムレット 観劇感想
本日は、シアタークリエにて
ミュージカル「ハムレット」を観劇してまいりました♪

開演前にシャンテに展示されていた出演者のサイン入りパネルをチェック!

inoue_20120219224433.jpgkon.jpg
井上芳雄(ハムレット)          昆 夏美(オフィーリア)

irei.jpgsonha.jpg
伊礼彼方(レアティーズ)         成河(ホレーショー)

suzukaze.jpgmurai.jpg
涼風真世(ガートルード)         村井国夫(クローディアス)

yamaji.jpgabe.jpg
山路知弘(ボローニアス)         阿部裕(旅芸人/亡霊)



こんだけ写真で場所とっておきながら感想がざっくりなのですが(笑)
ぐっとこなかった・・・・デス。

ロックミュージカルということで、親しみやすい曲なのかと楽しみでしたが
出演者があまり歌いこなせていませんでした(汗)

キーが全体的に高いのか、井上君ががなるような感じで歌い終える箇所が多くて
のどを悪くするんじゃないかと心配に(汗)

山路さんがポップスみたいな曲を歌うのもがっかりしてしまい
あんなに渋くてカッコイイお方なのに勿体ない(くすん)

昆さんが。。。言っていいのかわからないけれど
そんなにはカワイクないっていうのが気になります(激汗)
もうちょっと華やかにお化粧や髪でアレンジできないものかなぁ。。。
歌もジュリエットの時の方が良かったなぁ。

他にも見たい演目に昆さん出演予定なんです。
苦手なワケではないのですが、ビジュアル頑張ってほしいです!!


伊礼くんは、良かった♪♪♪
伊礼くんが出てくるとほっとしてた自分にびっくり(笑)
昆さんと兄弟で歌う場面がいちばん好きでした。

井上君と剣を交えるシーンは圧巻です。
2人の迫真の剣捌きに、ラストはぐいぐい惹きこまれました。

ただこの「ハムレット」がどういうメッセージを持っているのか
明確に伝わってこなかったので、書くことがあまりないのですが

周りはスタオベで出演者に拍手を贈っていたので
私の感性が至らなかったような気がしています。

作品を感じ取れるチカラをもっと成長させねばです。
もうちょっと精進いたします!


テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/02/19] |    ライブ・その他舞台 | コメント(4)
『ロミオ&ジュリエット』 観劇感想
↓めためたヒドい終わり方で、お詫びの仕様がありません!
 読まないことをオススメします(爆


rj

赤坂ACTロミジュリの9/18(日)ソワレ公演を観劇してまいりました。

<役替りキャスト>
ロミオ:城田 優
ジュリエット:昆 夏美
ティボルト:上原 理生
マーキューシオ:石井 一彰
死:大貫 勇輔

お席は、1階M列20番・・・ど真ん中だったーーー!
死の大貫さんがしゃがんで客席を見据える視線の先に
自分がいて、はげしく動揺しました(笑)


最初に残念だった点を書いておきますと・・・

衣装が予想以上にひどかったです(笑)
宝塚の衣装は有村さんでしたから、そのレベルを期待していたワケではないけど

キャピュレット家が豹柄、モンタギュー家がゼブラ柄って
舞台で両家が混じるとどっちがどっちだかアニマルな人達がいっぱいで区別がつかない(笑)!

舞台に人が沢山並ぶと、宝塚の場合はその人数に華やかさを感じるのに
衣装が目にうるさく感じて何処を見ていいかわからなくなります。

ドキドキワクワクしたあの舞踏会の場面も全く美しく感じない。。
衣装は舞台の一部なんだなぁと初めて思い知りました。


そして、噂になっていたスマホやフェイスブックは

寒っ・・・ って感じでした(汗)

冒頭にこの物語の背景となるヴェローナ大公の記者会見があるのですが
それを見て、小池先生の意図はわかるような気もして

若者をターゲットに戦争を知らない世代に争うこと(戦争)の愚かさを伝えたい
その接点として携帯やFacebookを用いたのだと感じました。

でも。でも。サラリと使えば一つの小道具として終わったと思うのですが
妙に誇張された形で登場して笑いをとろうとしていて
それがあの作品の質を下げています。

とっとりあへず

浦井君にくだらない事言わせないでくれーーー(笑)
がんばってた。王子はがんばってた。でも寒かった。。。(涙)

留守番電話やロミオのつきあった女たち?の声にも
結婚式の写メにも気持ちが萎えます。


そして、結構ながっかり具合だったのがカラオケです。
8千円なら文句言わなかったろうなぁ。。。
1万3千円でのオケ無しは、想像していたよりもかなり気持ちが凹みました。

ダンサーもマイクをつけていたけれど、私が知っているダンサーの一人は
ダンスコンテストの賞金ハンターであって、歌が歌えるはずがないんです(爆)
コーラスを録音したものを実際の歌と重ねてカバーしようとしているのかな?
ダンサー減らして、しっかり影コーラス出来る方をキャスティングすべきと思いました。


文句は以上です(笑)


普通の感想にうつります♪

設定がヅカ版と変えてある点(ジュリエットの本当の父はジュリパパではない)や
歌詞が改善されてあるものもあり、その点は丁寧に作られてあり良かったです。
(逆に)変になったところもありましたが目をつぶれる範囲です。

ラストの曲が「罪びと」ではなく残念ですが(フランス版にしてあるのかな?)
この変更は「罪びと」の歌詞が今の日本には相応しくないと判断されたのか?
致し方ないと思いました。(もともとその予定だったかもしれませんが。)
もちろんエメのデュエダンはありませんでした(笑)

豪華なキャスティングで、やはり歌は良かったと思います。
ただ宝塚ではコーラスがあのロミジュリの幻想的な空間を作り出していたのだと
改めて知りましたし、今回はそれが皆無でした。

ダンスは、想像よりも良くなかったです。
ストリートダンスはこのミュージカルには合わないのだという結論です。
そしてダンサー陣は、(背景に近くとも)役者としては力量不足と感じました。


あれっ。書けば書くほど辛口やん(笑)


いっぱい書きたいこと思ったことはあったはずですが
続きを書く元気がなくなってきたので感想を終えます(爆)


いや良かったよ。良かったんです。

浦井くん、めちゃかわいかったし。
禅さん、ダンディでステキだったし。
昆さん、歌よかったし。
城田くんのキス、リアリティ溢れてたし。
上原ティボさん、こってりでハマってたし。
石井さん、イケメンだったし。
大貫さん、何かを超越してたし。

私の母は別な日程で観にいきましたが
シャイなくせに真っ先にスタオベしてきたらしいですし(爆)!


ただ帰ってきた母は、ロミジュリのDVDを私の部屋に借りにきて、ひととおり見たあと
「歌はうまかったけど、星組の方が気持ちがこもってる。」って言って
めちゃめちゃ珍しく(爆)、星組のことを褒めてくれました。

私は、余計なことが頭をかけめぐりすぎて
母のように素直に舞台を見れずにその手前で気持ちがストップしてしまったみたいで
その感想に同意も否定もできないのですが、もうロミジュリのことは忘れようと思います(えっ)

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/10/04] |    ライブ・その他舞台 | コメント(5)
テンション上がってまいりましたーー!
赤坂ACT「ロミオ&ジュリエット」

初日情報に衝撃を受けてましたが、困ったのは
未来優希さんの歌をめちゃめちゃ楽しみにしてたはずのおかんが
昨日から行かないと言い出して・・・(笑)

ほんと冒険し過ぎだよ。小池っち!!
観にいくのを説得しなくちゃいけないなんて迷惑な演出しないで欲しい(爆)

携帯が登場して、恋愛の形って大きく変わった気がする。
連絡が簡単にはとれないという状況にわびさびがあるのに
古典とか抜きにして、わざわざそんなアイテム登場させるなんて
いいところを自らぶち壊してる気がする。

ぶつぶつ言ったけれど、実際に観てみないことにはわからないし
観るからには、とことん楽しまないとチケット代が勿体ないので
思考の方を変換しようとはしています(笑)


ヴェローナの曲がどんな感じに仕上がってるのか?
ダンサー陣は歌えるのか?踊りと歌に分かれてるの?
「俺はティボルト」がどうなってるのか(笑)?
石川禅さんがステキかどうか(笑)?
ミニサイズな昆さんにメガサイズな城田くんは萌えなのか?
フランクさんの歌はどうなのか?
ラストにデュエダン・・・(あるワケないか)
手抜きしてただろー的な小池先生の歌詞は直ってるのかどうか?
「悲劇」なのか「愛の物語」なのか?


なんかどれもこれもどーでもいい疑問だなぁ(笑)

今日ウィーン版を聞いていたら、まるで日本語のように聴こえてきました(笑)
もちろんドイツ語わからないけど、めちゃめちゃワクワクしてきたよーーー。
なんだかんだ言ってもロミジュリの曲大好きなんだもんっ!!

多少変な小物が出てきたとしてもカンパニーが同じところに
向かっていれば、吹き飛ばせるような気もしてきました。

浦井君のベン様や未来さんの乳母や
そして、石川さんーーーー(笑)!!

テンションが上がってきたーーーーー(笑)

チケット増やさなくていいよう頑張りますっ(笑)

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/09/09] |    ライブ・その他舞台 | コメント(5)
ロミオとジュリエットが・・・
公式HP フランス版ロミオとジュリエット上演決定

これ見た瞬間、今持っているチケット手放そうかと思いました(爆)
だって、チケ代高いだもんーーーーー(泣)

宝塚は、3,500円ぽっきりで幸せにしてくれるからなぁ。
ロミジュリもB席作って欲しかったなぁ。

でも良く見たら、2012年秋ということなので
来年のことは来年考えることにしようー♪


めちゃめちゃ楽しみにしている出演者もいるんですが
ロミジュリに関しては基本的にテンションが低いです(笑)

役替りがこんなにあると知らなくて(私だけ?)、
しかも発表が細切れだし、遅すぎだしでイライラがピークに。
結果的にチケットを交換してもらっても全キャストは観れない状態です。

交換もあまりにも日程が絞られすぎてなかなか決まらなくて
とにかく日程重視にしたら、持っていた席の2倍後方になりました(笑)
でも決まっただけでも良かったかな・・・。

そしてショックだったのが、配役に「愛」がないこと。
全配役の発表が終わるまで、ずっと気付いてなかったよー(笑)

もうロミジュリのコンセプトそのものが
宝塚版と違うのかもしれないなーーと思ってましたが

先日、城田君のドキュメンタリー番組で小池先生の語りを聞いて
びっくりしたことがあるんですよね。

小池先生って、もともと
ロミオとジュリエットの物語を悲劇だと思っていない(爆)?

発想が根本的に違うって、なんかある意味すごいなぁと。
全世界の共通事項だと思っていたのに。


ちなみに私が一番楽しみにしているキャストは
「死」のダンサー 大貫勇輔さんです

久しぶりに衝撃を受けたダンサーが現れたので、
彼を見る公演はS席で頑張りました(笑)

ダンサーの中には数回ですがレッスンを受けたことがある方もいました♪
GALAXXXXYのMEDUSAさん☆


そして今、幕間ツイッターで恐ろしいものを見てしまいました。
もうこの舞台観ていいものなのか・・・続きを書く気力が失せました。

あまりに怖くなったので、考えるのを止めます(爆)
おっおやすみなさいっ(錯乱中)




テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/09/07] |    ライブ・その他舞台 | コメント(5)
ブロードウェイミュージカルライブ2011 感想
『ブロードウェイミュージカルライブ2011』に行ってまいりました♪
お席は、2階2列20番台後半♪

新国立劇場は初めてでしたが
1階も含めて座席がセンターに向かって湾曲したような配列がされていて
角度的にとても見やすいです。でもシートが硬くて、お尻が痛い・・・(笑)

座席での飲食は禁止ですが、空きスペースに椅子やテーブルがところどころ配置されています。
15分しか休憩がなかったのですが、時間があればもう少しゆっくり余韻に浸りたかったなぁ♪



BML.jpg

ミュージカルを沢山見ているわけではないので、
ストーリーのないライブ形式を楽しめるか不安でしたが・・・
やっぱり、舞台の方が好きでした(爆)

それから、残念だったのが英語歌詞の曲。
英語の発音がハッキリしないので、歌がぼやっと聴こえてしまいます。
歌ウマな方も表現力が落ちてしまっていて、とても残念でした。
日本人には日本語の歌詞で本気で勝負させてあげてほしかった(笑)

そして一番残念だったのが、ロミジュリの「エメ」。
初めてこの曲を(宝塚ではない)外部で聴くので、どんな風に感じるか楽しみにしてたんです。

いやぁヒドかった(爆)

ロミオ:石井一孝さん 
ジュリエット:神田沙也加さん

セレクトが間違っていると思いますっ!!
ロミオを藤岡君か岡田さん、ジュリエットを笹本さんにして欲しかった(涙)

個性派過ぎるロミオと勘違いしているジュリエットを
ぼーーーっと冷ややかに眺める自分が悲しかったです(笑)

酷評しましたが素人の浅はかな感想なので大目にみてやって下さい(ペコリ)


ライブならではの楽しみ方もあるなぁと思ったのが

曲を聴いて、ミュージカルの思い出がよみがえってきたり
知らない曲でも、実際のミュージカルを観てみたいと思ったり
歌い手によって、こんなにも違うんだと感じたり

何よりの収穫は、エリザベートの最後のダンス。
ずんこさんが男役の声で歌ってくれたことを
大ファンだった母がすごく喜んでくれまして(これが目的だったけど・・・笑)

ビジュアルはすっかり女性に変わっているけれど
歌うときの表情もあの迫力も色褪せていませんでした。

母にはずんこさんから卒業して、好きなジャンヌさんを新たにみつけてほしいと思うけど、
難しいだろうなぁと改めて思いました(爆)


キムジョンヒョンさん。
素人の私でもスゴーーーって思いました(笑)

日本語まで、うまーーーって思ったら、劇団四季にいらしたんですね!
えみこさんのブログで知りました!
歌うとネイティヴスピーカー並みなのに、
MCの時はちゃんとたどたどしくなってました(笑)

藤岡正明さん
今回のライブの本命です(笑)
RENT「ワン・ソング・グローリー」あのとき観たロジャーがいるよーーーー!!!
フットルース「パラダイス」藤岡君、英語の曲でも聴かせるなんて(感涙)
声質が大好きな上に歌い方が情熱的なのがツボ過ぎます。

岡田浩暉さん
私の中で俳優のイメージだったのですが、歌手だと初めて知りました。
レミゼ「カフェ・ソング」も良かったし
JCS「スーパースター」が楽しかった!!本編が観てみたいっ!!

知念里奈さん
エビータ「ブエノスアイレス」はちょっと苦手な歌い方だと思ったけど
ミスサイゴン「命をあげよう」に感動。演じただけの重みを感じました。

今井清隆さん
「サンセット・ブルーバード」大人かっこいい。
今井さんの嫁にして下さいって思いました(爆)
あんなにビジュアル渋いのにMCで挙動不審なのが可愛い(笑)

保坂知寿さん
マンマミーアで初めて観て、大感動して名前を覚えた方です。
期待値があまりにも高過ぎて、結論が出ませんでした(笑)
ドリームガールズ「ワンナイトオンリー」
個人的にめちゃテンション上がる曲のはずでしたが、最初あの曲だとさえ気付かなかった・・・。
英語が・・・(汗)とファンキーさが黒人とは違う・・・ってなってしまって。

石井一孝さん
ゾロ「ボンボレーオ」は石井さんの為の曲かと思いました(笑)ステキー♪
WSS「マリア」は、苦手だなぁと思っていたら
シンセサイザーでアレンジしてしまったのが勿体ないと
母が申しておりました(私はそこまで気付かなかったけど)

笹本玲奈さん
チラシでは、なんども見ています(笑)
声を初めて聴きました。舞台では表情が豊かになるのかな?
ちょっとクールな感じが寂しかったです。

神田沙也加さん
歌が上手くなかったです(爆)
薔薇サムのようなキャラ系では光ってたのに(笑)
歌い方に癖があるのかな。エメはもっとストレートに歌って欲しかったです。

姿月あさとさん
今井さんとのデュオ「美女と野獣」が英語歌詞でなかったら・・・と思うと
聴きながら歯がゆい思いをしてました(笑)
「レベッカ」は、シルビアさん最強だけど、ずんこさんも良かった。
真っ赤な舞台が目に見えるようでした!


厳しめに書いた方もいますが、皆さんステキな歌い手さんで
アンサンブルの方とメインの方がときどき歌うデュオも良かったです。

母が気に入ったのは、土居裕子さんと藤岡君。
曲を聴くのも好きなのか、楽しめたようでした♪

私は、ストーリーが見えないのが歯がゆくて
ミュージカルを観ていたらもっと楽しめたのにと悔しかったです(笑)

ミュージカル通のえみこさんのブログを見て、楽しそうでいいなーいいなーと思いました(笑)
私も宝塚率(たぶん星組率)を下げると外部のミュージカルも増やせるんですけど、
宝塚が好きすぎて、今のところ無理なようです(笑)


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/08/30] |    ライブ・その他舞台 | コメント(2)
『ドラキュラ』 初日 観劇感想
↓ 本当にすみません。読む価値はほぼありませんm(_ _)m



『ドラキュラ』初日を観劇してまいりました♪
お席は、3階6列10番台後半♪

感想書くかどうか悩んだのは・・・
実は今めちゃめちゃハマっているアイスがありまして
当日アイスを5本食べていったらお腹を壊したんです(爆)。
劇の途中に5分くらい席を外すことになってしまい・・・。子供みたいですみません(笑)
というわけで、部分的に観てない(爆)観劇感想です(汗)。


私の感性がまだまだ未熟なのか、
エリザのトートを理解できないと言った友人の気持ちが今は良くわかるというか・・・
終わってみると、この作品の伝えたいことが何なのか全くわかりませんでした(激汗)


セットも衣装も西洋のドラキュラのイメージを形にしようと
緻密に造り込まれていましたし、役者陣も頑張っていました。

特にジョナサン役の小西さんがタイプでして(役と関係ない笑)
レンフィールド役の小野田さんの迫力には、惹きこまれました。

なっちは、ものすごく頑張ってるのがヒシヒシと伝わる好演。

花總まりちゃんは、宝塚のときのイメージのままちょっと年齢を重ねた感じで
初日から涙を流しての熱演からは、ブランクを全く感じませんでした。

でもミーナ(ハナちゃん)がドラキュラの前と
人間のみんなの前とで、180度態度が違うのがイマイチ理解できなくて

ミーナがご主人や友人の前で語る言葉に決意の重さを感じて
これからの展開にドキドキしてるのに
ドラキュラに逢うとコロッと態度が変わるのがなぜかわからない・・・。

ドラキュラの妖力のせいなの??

タカコさんは、良くも悪くも宝塚のままだったのですが
ドラキュラという役があっていないように感じました。

初めて、和央さんを観たというのもあるのかな?
ドラキュラ伯爵の心情が理解できず(歌詞を良く聴いてないからだろっ)

しかも物語のラストは、えっそうなんですか(ぽかーん)??みたいな感じ。



自分が悪いのか、席を外したときが超重要ポイントだったのか
このミュージカルがイケてないのかわかりませんが、
この記事、行った記念にしかなってないですね(笑)

いいとか悪いとか抜きにして、理解できてないって観客として終わってるよ(爆)

カーテンコールには、フランクワイルドホーン氏が登場し
タカコさんとハグをしたり、興奮のコメントを述べたりされて
盛り上がっているように見えました(どうしよう。。。もはや他人事)

観客の大きな拍手に答えて、再びタカコさんが登場。
マントを何度も翻してみせてくれていました。

dracula.jpg

DVDも発売予定とのことですので、私の感想は読み流して頂き
劇場とDVDでぜひご自身の目でご覧になってくださいっ(逃っ)

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/08/25] |    ライブ・その他舞台 | コメント(3)
ドラキュラ初日☆
今日は、「ドラキュラ」初日に行って参りました♪

近くのエクセルシオールカフェが混んでいて、
カフェオレを買うのに手間取ってしまい、いつもより遅く会場に到着すると
東京国際フォーラムホールCの入口は、初日にかけつけた人々でいっぱい!


そしたらそしたらなんとそこには

悠未ひろサマ、鳳翔大サマ がぁぁぁ

隣には宙組組長 寿つかささん、それから娘役さんもいらしたと思います♪
昨日は悠未サマのおかげで救われましたーーと心の中で手を合わせ(笑)、
あれっ、大ちゃんってヴァレンチノ出てないような( *´∀` )?

悠未サマは、鮮やかなブルーのパンツに黒のエナメルの紐靴を合わせて
トップスは黒のカーディガン(ニットでないかも?)

大ちゃんは、黒のインナーにグレーのジャケットを羽織って
短めジーンズと靴はヒールのある踝丈のショットブーツだったかな。

2人とも素足に靴を履いててめっちゃカッコイイ!

悠未サマは、ニコニコしてて、舞台とのギャップ萌えだし!
大ちゃんは、何頭身か不明なくらい顔ちっちゃくてキレイだし!

宙組メンバーは、私が並んだ列の3メートル位後ろにいらして
通常なら、冷静を装って見てないフリをするんですが
嬉しくてたまらず、進行方向と逆向いて歩いてしまいました(笑)

宙組で好きなメンバーが悠未サマで、気になるのが大ちゃんという私には
大興奮の出来事で、観劇感想じゃなくなってしまいました(笑)




観劇感想に続く・・

の予定でしたが、どうしよう。
いろいろ考えて続きはないかもしれません(笑)

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/08/20] |    ライブ・その他舞台 | コメント(1)
『三銃士』 観劇感想
8/14(日)、『三銃士』を観劇してまいりました♪
お席は、2階M列10番台前半♪

すんごい楽しかったーー(´▽`)ノ
宝塚以外の舞台だったけど、おかんが眠らなかったし(笑)

作品が良かっただけに、残念だったのが、笑いのセンスです(汗)
いっぱい笑えるところもあって最初は楽しかったのですが

バカ?とか言い合うだけ・・・
そっちは壁です(バッキンガムのキャラ設定不明のまま)・・・
ポイっとな(目玉だよ、オイ)
パンで汗ふくって・・・

とか、イイ作品に雑なユーモアが勿体なさ過ぎます。。。
笑いをきちんと煮詰めて作ったら、洗練された感じに変わると思うのに。

でも不満ってそれだけなんです。
時間があったらもう1回観たいなぁ


帝劇劇場で流れていた三銃士の予告映像で、海外版を見かけたときに
ものすごくかっこいい曲があって(たぶん「ひとりはみんなの為に」)

実際に帝劇で聞くと、ちょっと海外版には及ばなかったけど(笑)
やっぱりいい。

微妙に歌い方が苦手な山口氏でしたが、
最近ハマリ役を見ると全然ヘーキになってきて(笑)、
リシュリュー卿が自らの亡霊?と歌うシーンは
祐一郎さましか出せないんじゃないかと思える怪しさ。

三銃士の活躍がかなり省略されているのはエエッ(笑)って思ったけど
全てミレディの為なのね。

「ひとりはみんなのために・・・」というテーマよりも
瀬奈ミレディの物語の方が印象的でした(笑)

実は、瀬奈さんの歌の1曲目の歌詞が聞き取れなくて
母にアトスのことを歌った曲だと終演後に教えてもらいました。

男役の発声と違うからかな。瀬奈さんの昔の声が好きだったので
やはりちと残念だったり。

でもあっと驚くくらいにめっちゃキレイになってました。
役は悲しい役なんですけど、瀬奈さんは今充実して幸せなんだろうなって
思わずにはいられないくらい美しくて、見惚れてしまいました。

ミレディがらみのシーンは、マニアックな見所が多すぎて
絶対ファンの皆様は、ウハウハですよ(笑)

そして、コンスタンツ役の和音美桜さんが
花のように可憐で、演技も良いし、歌まで上手で

絶対ピッタリだよーー宝塚に入ってほしい!!!
って思ってたら、元宝塚のヒトでした(爆)

経歴を見ましたが、なぜトップ娘役にならなかったのか
不思議です。。。

ロミジュリでジュリエットやってほしかったなぁ。
正統派な感じでスゴクあってると思うんだけど!

シルビアさん(王妃)、今拓哉さん(ルイ)の役作りも宝塚とは違う良さがあって
出演者全員が役にはまっていました。

気になったのがダルタニャンと一緒に旅に出たじゃがいも号(馬)。
井上くん、乗ってるよーーー!!スゴイ(笑)
ヒトが入っているように見えるんですが、乗れるんですね!!

重要キャラかと思いきや
あまりにも出番が少なくて、笑えました(笑)
ダルタニャンは細かいことは気にしないのだ(笑)



幕間におかんが「(話の続きが)読めたね。」って自信たっぷりにいうから、
全然わからない私は、終演後に「読みどおりだったの?」と尋ねたら

「ミレディが殺られそうになったアトスをかばって
 死ぬんだと思ってたけど、違ってた・・・」


えーーーーーっ!??

おかんの筋書きも何気に面白いじゃん(爆)


結末はハッピーエンドとはいえないんだけど
なぜか後味が良くて楽しい気分が残るのがイイ。

やっぱりもう1回観たいなぁ



そして、終演後に震災募金活動に出演者の方が立ってくれるとのことで
井上君、和音さん、今さん、アンサンブルの女性の4人が
スタンバイされたんですが、少し遅れて客席を立ったら
2階階段上まで続く長ーーーーーーい列が出来てましてびっくりしました(笑)

今さんはあのキンキラの衣装のままで劇場入り口に立ってるんですけど
お一人だけ完全に浮いていて別世界が出来てて、びっくりしました(笑)

4人がスタンバイしている間に客席では、三銃士と瀬奈さんのサービストークもありまして
橋本さんと岸さんが登場後に瀬奈さんと石井さんが腕を組んで出てきて
すねた橋本さんが瀬奈さんを取り返してました(笑)

モテモテですな(笑)


届いたチケットが最後尾の席でがっくりしていたのですが、全然ヘーキ♪
帝国劇場のB席は、めちゃめちゃ座席が狭いけど勾配が急なので
前の席のヒトの頭も全く気にならなくて観やすいです。

観劇し始めの頃はめったに観ないからとオールS席だったんですけど(笑)
B席も安くてサイコーです☆

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/08/18] |    ライブ・その他舞台 | コメント(2)
薔薇サム 2回目
ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』
我慢できずに(笑)リピートしてまいりました♪

今日は、おかんも連れていったのですが
めちゃめちゃ楽しかったらしく、宝塚でもやって欲しいと大絶賛☆

しかもビールにおつまみ付きで、超ご機嫌(爆)☆

あのメンバーだから作り出せる世界観なのだろうけど
やっぱり、日本のエンターテイメントは面白いデスっ!!!


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/07/31] |    ライブ・その他舞台 | コメント(0)
前のページへ  | トップページへ |  次のページへ
ゆずの芯


宝塚歌劇団星組 柚希礼音さんの     ファンブログです(・∀・)ノ

柚希礼音 執筆本☆

柚希礼音 写真集(*´▽`*)ノ

柚希礼音 掲載誌

クリックお願い致します♪

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

たまにつぶやくかも

最新コメント

ブックマーク♪

リンクブログ様♪

カテゴリ

   ┣ 柚希礼音DS (1)
   ┣ 太陽王 (8)
   ┣ REON!!2 (45)
   ┣ 花盗人 (34)
   ┣ REON!! (49)
   ┣ 激情 (42)
   ┣ 再会 (6)
   ┗ その他☆ (209)

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ゆずのしん

Author:ゆずのしん
普通OLですっ★

母と二人暮らしで
親子で宝塚好き♪

趣味は
スノボ→ダンス→サックス→観劇

今は観劇に夢中です♪

宝塚歌劇団星組と
柚希礼音さんが大好きです♪

⇒ 自己紹介へ

RSSリンクの表示